2~3歳児の縄遊び~縄に慣れることを目的として、縄に親しもう!!~

指導案

今回は縄を使った2~3歳児の遊びを紹介したいと思います。どちらかというと保育現場での活用を意識した記事となりますので、現場の保育者の方や実習を控えている学生さん等、指導案などに活用してもらえたらと思います。もちろん、ご家庭でも活用できるかと思いますので、よかったらご活用ください。

2~3歳児は少しずつ縄が跳べるようになってくる段階です。1歳児はその場でもジャンプすることが難しい段階でしたが、2~3歳になるとその場でジャンプ留守ことができるようになり、縄を跳び越す遊びも楽しめるようになってきます。そのため、遊びの幅がこれまでよりぐんと広がります。縄を跳び越す遊びも含めながら、縄遊びを楽しみましょう。他の年齢の記事も書いていますので、よかったらご覧ください。

記事の流れとしては、遊びのねらい、具体的な遊び例、環境設定、安全への配慮、保育者の援助、という項目で紹介していきます。

ねらい

①運動に関するねらい

・保育者と一緒に跳ぶ動作を経験する。

・縄を越える、くぐるといった動作を習熟する。

・片足跳びなど、いろいろな跳び方に挑戦する。

②心情に関するねらい

・保育者や友達のまねをしながら、いろいろな遊びを楽しむ。

・順番を守ったり、遊具を貸し借りする経験をすることで、協調性を養う。

◎具体的な遊び例

①縄越え

縄を前後、左右に跳んで楽しむ遊びです。縄は地面に置いたままで遊びますので、引っかかる危険性もなく、安全に楽しむことができます。まずは跳んで何かを飛び越えるという経験をするためにも、縄を前後に跳び越したり、左右に跳び越したりして、いろいろな跳び越し方に挑戦してみましょう。

②ヘビ跳び

短縄もしくは長縄を揺らし、へびのような動きをしている縄を跳ぶ遊びです。①で紹介した縄越えの縄が動いているバージョンと考えてもらえたら良いかと思います。動く縄を認識して跳ぶことで、長縄や短縄を跳び越す動作にもつながっていきます。激しい動きではなく、ゆったりとした動きで縄を揺らし、動く縄を跳びこす楽しさを経験しましょう。

③魔法の縄跳び

縄を手に持っているイメージで、手を回しながら跳ぶ遊びです。短縄跳びのイメージトレーニングと考えてもらっても良いかもしれません。縄跳びは、縄を腕で回しながら、足元に縄が来たら跳びこすという非常に難易度の高い動作です。そのため、まずは腕を動かしながら跳ぶ、という動作を経験することが重要となります。腕の動作と跳ぶ動作が合っていなかったとしても構いませんので、腕を回しながら跳ぶ動作で遊んでみましょう。

④いろはにほへと

縄を2本用意し、2人が縄もち役となります。縄もち役の人は「いろはにほへと、上か下か真ん中か」という掛け声に合わせて縄を縦に揺らし、掛け声が終わると同時にいろいろな高さで縄を止めます。待っている人は縄のほうを見ないように待ち、歌が終わると同時に上、下、真ん中を宣言します。宣言後、縄の様子を確認し、自分が宣言した高さのスペースを縄に当たらないようにくぐったり、乗り越えたりする遊びです。この遊びは跳ぶという動作が基本的に出てこないため、縄跳びが苦手な子でも楽しく遊ぶことができます。縄が怖い場合はゴム紐でも遊ぶことができますので、状況に応じて変えてみると良いかと思います。

◎環境設定

縄を準備する際、色の違う縄を用意できると目印など指示が出しやすくなります。何色の縄、といったかたちで視覚的に認識しやすくなるため、縄を保育園や幼稚園で準備する際にはいろいろな色の縄が準備できると良いかと思います。また、外で遊ぶ場合は砂埃に注意しましょう。遊んでいる本人は気づかないかもしれませんが、縄跳びは砂埃が発生してしまうことがあります。周りの人に砂埃の影響がないか配慮して、場の設定ができるとよいでしょう。

◎安全への配慮

長縄を操作するときは、子どもがひっかかった場合、すぐに縄を離すよう留意しましょう。難しい技術ではありますが、縄を離すことで転倒を回避できる可能性があります。そのため、縄を固く持つのではなく、引っかかった場合には手から離れるよう柔らかく持っておくと良いでしょう。また、複数人で遊ぶときは、間隔を十分にとり、転倒から接触へと2次被害がでないよう注意しましょう。縄跳びはもちろん、縄遊びも十分に遊ぶスペースをとる必要がある遊びですので、場の確保には配慮が必要です。

◎保育者の援助

一番は自らが跳ぶ姿を見せたり、一緒に跳んだりすることを楽しみましょう。特に短縄跳びは見て学ぶことが技能習得の近道となりますので、どのようにして跳ぶのかを繰り返し見せてあげるとよいでしょう。長縄を使うときは、子どもの実態に合わせて振れ幅を調整し、跳び越す楽しさを体験させてあげましょう。動いている縄を跳びこすというのは難しい技術でもあるため、何度も遊びながら技能を習得しましょう。そして、短縄跳びができる年齢に入ってきますが、いわゆる「縄跳び」の技能を求めるのではなく、縄に親しめるような様々な遊びを経験させるよう心掛けることが重要です。縄は跳ぶ以外の楽しみ方もありますので、短縄跳びや長縄跳びに固執しないよう注意が必要です。

長縄で遊ぶ子ども達

今回は2~3歳児の縄遊びについて紹介してみました。2~3歳は「縄を跳ぶ」ということができるようになる段階です。そのため、遊びの幅が広がり、子どもの技能も格段と向上していきます。同じ遊びでも、跳び方を工夫したり、縄の使い方を工夫したりすることで、様々な遊びを楽しむことができますので、跳ぶことだけに固執することなく、いろいろな遊び方で縄遊びを楽しみましょう。

参考文献:「保育と幼児期の運動遊び」岩崎洋子 編著  吉田伊津美・朴 淳香・鈴木康弘 著 B5判 218頁(2018/02/15)、ISBN978-4-89347-274-8

コメント

タイトルとURLをコピーしました