4歳児の縄遊び~短縄や長縄で連続跳びに挑戦してみよう!!~

指導案

今回は縄を使った4歳児の遊びを紹介したいと思います。どちらかというと保育現場での活用を意識した記事となりますので、現場の保育者の方や実習を控えている学生さん等、指導案などに活用してもらえたらと思います。もちろん、ご家庭でも活用できるかと思いますので、よかったらご活用ください。

4歳児はいよいよ短縄や長縄を使った連続跳びができるようになる段階です。縄遊びは短縄や長縄を使った遊びだけではないのですが、連続跳びができるようになると挑戦できる技のバリエーションも増え、縄跳びに対する興味がさらに高まっていきます。また、縄跳びは目標を跳んだ回数で設定できるため、数に対する認識も高めることができます。縄跳びに挑戦しながら、縄遊びの楽しさを広げていきましょう。他の年齢の記事も書いていますので、よかったらご覧ください。

記事の流れとしては、遊びのねらい、具体的な遊び例、環境設定、安全への配慮、保育者の援助、という項目で紹介していきます。

ねらい

①運動に関するねらい

・縄の動きに合わせて自分の動き(跳ぶ動作)を調整する。

・長縄を安定して跳ぶ。

・縄を回す動きを経験する。

②心情に関するねらい

・縄を跳ぶタイミングを自分で図ることで、時間の認知的発達を促す。

・数を意識させることで目標を明確にし、目標達成への意欲を高める。

◎具体的な遊び例

①長縄くぐり

回っている長縄をタイミングよく、くぐり抜ける遊びです。4歳となり、短縄で跳ぶことができるようになったとしても、回っている長縄に入っていくことはまだまだ難しいかと思います。そのため、長縄の中で跳ぶのではなく、回っている長縄に当たらないようにくぐり抜けることから始めてみましょう。最初は恐怖心があるかもしれないので、大人や上手にくぐれる友達と一緒にくぐってみましょう。遊んでいるうちに回っている長縄に入るタイミングを身につけることができます。

②長縄跳び

揺れている長縄を、前後、左右に連続して跳ぶ遊びです。①でも書きましたが、回っている長縄を跳ぶのが難しい子はまだまだ多いため、実際に跳ぶ場合は長縄を回すのではなく、揺らしている長縄をみんなで跳んで遊んでみましょう。体の向きを変えることで、前後に跳んだり、左右に跳んだりすることができます。

③縄跳び(短縄)

縄を回し、足元に縄がきたら跳ぶという動作を連続して行ってみましょう。最初は手で縄を回す動作と跳ぶという動作が別々になってしまうかもしれませんが、それでもかまいません。それぞれの動きのスピードを少しずつ上げていくと、徐々に「縄跳び」の姿に近づいてきます。理想は「1回旋、1跳躍(縄を1回回す際に1回だけ跳ぶ)」ですが、「1回旋、2跳躍(縄を1回回す際に、2回跳ぶ)」でも十分ですので、焦らず何度も挑戦しながら動きを覚えていきましょう。

④かけあし跳び

走りながら縄を回し、足元にきたら縄を飛び越えるという動作を繰り返し行う遊びです。連続跳びができない子でも、かけあし跳びはできるという不思議な現象が起こることがあります。要は移動しながら縄跳びを跳ぶという遊びです。足を動かしながら腕で縄を回すという動作が含まれていますので、連続跳びにもつながってくる動きとなります。連続跳びに飽きてきたら、かけあし跳びで動きながら跳んで遊ぶというのも良いですね。

◎環境設定

長縄を保育者一人で回す場合には、木や固定されている支柱などに結び付けて回してみましょう。長縄は回し手が常に2人いないといけないわけではなく、回し手が1人でも対応することできます。ただ、可能であれば子ども達にも回し手を経験させてあげたほうが良いため、跳びたいという意欲が高い場合に支柱等を利用すると良いでしょう。また、順番に縄を跳ぶ場合には、子ども達が縄に近づいてくることがあるため、待つ場所に目印をつけるなど工夫すると良いでしょう。長縄で遊ぶ際は周りへの配慮も必要となってきます。待つ場所を明確にすることで、安全対策にもなるため、目印をつけることで待つ場所をはっきりとしてあげましょう。

◎安全への配慮

短縄を持ち歩く際には、きちんと結んで持ち運びができるよう教えてあげましょう。縄がほどけた状態で移動すると、誰かを引っ掛けてしまったり、どこかに縄が引っかかってちぎれてしまう可能性があります。遊び最後には縄を結んで終わるようにしましょう。また、天井の高さなど、周囲の環境に注意しながら遊ぶよう伝えましょう。縄跳びは前後左右の確認に加え、高さまで配慮する必要があります。そのため、他の遊びよりも遊ぶ場所の空間確保には注意しましょう。

◎保育者の援助

長縄を跳ぶときに一定の場所で跳ぶことができない子には、地面に円を描いてあげたり、目印を示してあげたりしましょう。最初はその目印を踏んで通過するだけでも構いません。できるだけ一定のリズムで縄を回してあげ、縄に入るタイミングを覚えさせてあげましょう。また、短縄を回しながら跳ぶことができない子には、回すことと跳ぶことを一つひとつクリアさせたうえで、少しずつ動作を速めていけるよう援助しましょう。縄跳びは本来高度な遊びです。別々の動作を同時に行うことは簡単にできることではない、という意識をもって、焦らずに一つ一つの動作を援助してあげましょう。

縄遊びをする子ども達

今回は4歳児の縄遊びについて紹介してみました。4歳児は短縄の連続跳びに加え、長縄でも遊びの幅が広がってきます。動作自体は難しい内容が多いのですが、友達と跳ぶところを見合ったり、一緒に長縄を跳んだりしながら技能を高めていきましょう。また、一定の回数を目標として設定し、目標に近づけるよう何度も挑戦してみましょう。

参考文献:「保育と幼児期の運動遊び」岩崎洋子 編著  吉田伊津美・朴 淳香・鈴木康弘 著 B5判 218頁(2018/02/15)、ISBN978-4-89347-274-8

コメント

タイトルとURLをコピーしました