2~3歳児の鬼遊び(鬼ごっこ)~捕まえたり逃げたりする楽しさを味わおう!!~

指導案

今回は2~3歳児の鬼遊び(鬼ごっこ)について紹介したいと思います。どちらかというと保育現場での活用を意識した記事となりますので、現場の保育者の方や実習を控えている学生さん等、指導案などに活用してもらえたらと思います。もちろん、ご家庭でも活用できるかと思いますので、よかったらご活用ください。

2~3歳児は歩行が安定し、走ることができるようになる段階です。そのため、鬼遊びもいろいろな種類の遊びを楽しむことができます。1歳児は追いかける、追いかけられるという動作をルールのない状態で行うことが多いのですが、2~3歳児はタッチをしたら鬼が変わるというように、一定のルールのもとで遊ぶことができるようになります。遊びの幅が一気に広がる時期ですので、幅広い鬼遊びに挑戦してみましょう。他の年齢の記事も書いていますので、よかったらご覧ください。

記事の流れとしては、遊びのねらい、具体的な遊び例、環境設定、安全への配慮、保育者の援助、という項目で紹介していきます。

ねらい

①運動に関するねらい

・合図に反応したり、繰り返し走ったりすることで敏捷性を養う。

・多様な姿勢の変化を経験する。

・全力で走り、最大限の力を発揮する。

②心情に関するねらい

・「追う」「逃げる」などの簡単なルールを理解し、守ることができる。

・友達とのふれあいを楽しむ。

◎具体的な遊び例

鬼ごっこ

一般的によく知られている鬼ごっこです。鬼を決め、鬼からタッチされたら鬼が変わっていきます。全ての遊びはここから始まると言っても過言ではない遊びであり、人種、民族関係なく、人間であればだれもが一度は経験すると思われる遊びです。遊ぶ時間や人数にもよりますが、活動量を十分に確保することができ、身体的発達を促すことのできる遊びです。迷ったら鬼ごっこで遊びましょう。

②島鬼

フープや縄で島をつくり、鬼は島へ入れないというルールのある鬼遊びです。逃げ手が有利になる遊びですので、島に入っていられる時間や人数を決めておくと、鬼の入れ替わりが停滞することを防げます。島を上手に利用することで、戦略的に逃げること、捕まえることができるようになるため、「逃げ方」「捕まえ方」という方法をより考えさせることのできる遊びです。

③隠れ鬼

最初にいろいろな場所に隠れ、見つかったら通常の鬼ごっこへと移行する遊びです。違いがあるのは最初だけですが、1歳児では「歩く」「探す」といった遊びが基本となっていましたので、それらの遊びの要素を併せ持っている遊びと言えます。ほとんどの場合、見つかった段階で捕まってしまうのですが、見つかっても逃げられるという選択肢があるだけで、逃げ手は見つかるタイミングをコントロールすることができます。時間を決めて、制限時間内に捕まえる(逃げ切る)というルールを設けておくほうがメリハリをつけることができるかと思います。

色鬼

鬼が色を指定し、その色のものに触れるまでの間に逃げる人を捕まえる遊びです。この遊びは他の鬼ごっこと違い、勝負が比較的短時間でつく鬼遊びです。そのため、一瞬の判断力が必要とされます。ただ、注意しなければならないのは、周りに「色」がある環境であるかどうかということです。色のない場所で色鬼はできませんので、周囲に様々な色があるかどうか確認したうえで遊びましょう。瞬発力が試される遊びとなりますので、体力に自信がない子がいる場合も楽しむことができる遊びです。

鬼のまねをする子ども

◎環境設定

広い場所を確保しながらも、移動範囲が広がってくるため、範囲を決めて遊ぶことが必要となります。子ども同士の衝突をさけるため、広い場所、もしくは参加人数で十分に動ける場所が必要となるのですが、範囲を制限しないと捕まえる側が入れ替わらないということも考えられるため、範囲を制限して遊ぶことをお勧めします。併せて、固定遊具などが近くにある場合は、固定遊具を遊ぶ範囲の中に含めるのかどうかを考える必要があります。2~3歳の場合は、子どもの腰よりも高く、よじ登らないといけない遊具などは遊ぶ範囲から除外したほうが良いでしょう。

◎安全への配慮

環境設定でも書きましたので重なりますが、参加人数によって遊ぶ範囲を決めることは安全管理として必要となります。鬼遊びは追いかけてくる鬼から逃げていきますので、後ろを見ながら走ることもあります。そのため、他児との接触が起こらないよう、十分な広さを確保することが必要です。また、捕まえる際に乱暴な捕まえ方はしないよう注意しましょう。タッチする際に強くたたいてしまうなど、トラブルに発展してしまうポイントでもあるため、遊ぶ前に捕まえ方を確認するとよいでしょう。

◎保育者の援助

保育者が鬼になるなど、遊びをリードしながらルールの理解を促しましょう。鬼遊びはシンプルなルールで遊べるため、ルールを理解するのに時間はそれほどかかりませんが、新しく始める場合は保育者や大人がリードしてあげると良いでしょう。また、運動能力にも個人差がありますので、走ることが苦手な子がずっと鬼役にならないよう配慮が必要です。走力が基本となる遊びですので、どうしても鬼役が多くなってしまうのは仕方がないのですが、それが原因で鬼遊びを嫌いにならないよう注意しましょう。

妹を追いかける兄

今回は2~3歳児の鬼遊び(鬼ごっこ)について紹介してみました。2~3歳児は一定のルールの遊ぶことのできる段階ですので、遊べる鬼遊びの種類がぐんと増えます。それぞれの鬼遊びに特徴がありますので、参加人数や遊ぶ範囲、時間などを考えて、適切な遊びを提案してあげられると良いですね。いろいろな鬼遊びで遊びながら、基礎的な身体能力を高めましょう。

参考文献:「保育と幼児期の運動遊び」岩崎洋子 編著  吉田伊津美・朴 淳香・鈴木康弘 著 B5判 218頁(2018/02/15)、ISBN978-4-89347-274-8

コメント

タイトルとURLをコピーしました