【運動遊び大図鑑】おすすめの鬼遊び(鬼ごっこ)18選を紹介!!

運動遊び

今回は年齢別(1歳~5歳)の鬼遊び(鬼ごっこ)について紹介したいと思います。過去の記事では年齢別のねらいなどについても書いていますので、保育者の方や指導案の参考にしたいという方はそちらをご覧ください。

鬼遊び(鬼ごっこ)ははるか昔から遊ばれてきた代表的な伝統遊びの一つです。遊ぶ人数と時間にもよりますが、活動量も申し分なく確保することができ、何より全身運動ができるということで非常にメリットの多い遊びです。年齢が上がれば上がるほど、いろいろなルールを加えることができるようになり、遊び方の幅も広がっていくため、知育にもつながる遊びとなってきます。個人的には、幼児期の運動の中で鬼遊びに勝るものはないと思っています。身体的、精神的にもたくさんのメリットがある鬼遊びですので、ぜひいろいろな鬼遊びで遊んでみましょう。

鬼ごっこをする子ども達

◎1歳

①歩く

保護者や保育者のところに向かったり、追いかけたりして遊んでみましょう。歩き始めは不安定で心配かもしれませんが、徐々に移動する距離を伸ばして、歩くことに慣れていきましょう。誰かのもとに向かったり、目印に向かっていくように導いてあげたりすることで、歩く意欲が高まり、楽しんで歩行することができます。歩行が安定してきたら、逆に子どもを追いかけるようにして遊ぶことで、より活動量が確保しやすくなります。周囲に注意しながら、歩く楽しさを感じましょう。

探検

保護者や保育者、友達を探し、見つけてみましょう。保護者や保育者はかくれんぼの要領で隠れ、ヒントを出しながら子どもが探索できる環境をつくってあげましょう。いろいろな場所を探すということは、自然と歩行をすることにつながっていきますので、探す場所や距離を考えながら隠れてみましょう。自分が隠れるだけでなく、おもちゃを隠してみて、そのおもちゃを探してみるのもよいでしょう。探索活動は周囲の状況を把握したり、確認したりするために重要な行動となりますので、積極的に遊んでみましょう。

追いかけっこをする子ども達

◎2~3歳

鬼ごっこ

一般的によく知られている鬼ごっこです。鬼を決め、鬼からタッチされたら鬼が変わっていきます。全ての遊びはここから始まると言っても過言ではない遊びであり、人種、民族関係なく、人間であればだれもが一度は経験すると思われる遊びです。遊ぶ時間や人数にもよりますが、活動量を十分に確保することができ、身体的発達を促すことのできる遊びです。迷ったら鬼ごっこで遊びましょう。

②島鬼

フープや縄で島をつくり、鬼は島へ入れないというルールのある鬼遊びです。逃げ手が有利になる遊びですので、島に入っていられる時間や人数を決めておくと、鬼の入れ替わりが停滞することを防げます。島を上手に利用することで、戦略的に逃げること、捕まえることができるようになるため、「逃げ方」「捕まえ方」という方法をより考えさせることのできる遊びです。

③隠れ鬼

最初にいろいろな場所に隠れ、見つかったら通常の鬼ごっこへと移行する遊びです。違いがあるのは最初だけですが、1歳児では「歩く」「探す」といった遊びが基本となっていましたので、それらの遊びの要素を併せ持っている遊びと言えます。ほとんどの場合、見つかった段階で捕まってしまうのですが、見つかっても逃げられるという選択肢があるだけで、逃げ手は見つかるタイミングをコントロールすることができます。時間を決めて、制限時間内に捕まえる(逃げ切る)というルールを設けておくほうがメリハリをつけることができるかと思います。

色鬼

鬼が色を指定し、その色のものに触れるまでの間に逃げる人を捕まえる遊びです。この遊びは他の鬼ごっこと違い、勝負が比較的短時間でつく鬼遊びです。そのため、一瞬の判断力が必要とされます。ただ、注意しなければならないのは、周りに「色」がある環境であるかどうかということです。色のない場所で色鬼はできませんので、周囲に様々な色があるかどうか確認したうえで遊びましょう。瞬発力が試される遊びとなりますので、体力に自信がない子がいる場合も楽しむことができる遊びです。

走って遊ぶ兄弟

◎4歳

影踏み鬼

相手の影を踏むと鬼が入れ替わる鬼遊びです。相手そのものではなく、相手の影を踏むというのは意外と難しく、また、逃げるのはさらに難しくなります。これまで遊んできた鬼遊びとは異なり、影がどのように動くのかを考えながら動かないといけないため、影に対する知識も必要となります。晴れの日や、強い照明がある場所でしかできない遊びですが、影の不思議さを感じることのできる鬼遊びです。

②高鬼

鬼は地面より高い場所に昇れないという鬼遊びです。そのため、鬼は地面で待ち構えておかなくてはいけません。この場合、高いところに上った人が永遠と逃げ手になる可能性があるため、高い場所に昇っていられる時間を決めるとよいでしょう。アスレチックや固定遊具を利用しながら遊んでみましょう。

③しっぽとり

新聞紙やタオルをしっぽに見立てて、しっぽを取り合う鬼遊びです。相手にタッチするだけでなく、しっぽをとることが目的となります。自分のしっぽがとられないように注意しつつ、他の人のしっぽを取りにいかなくてはならないため、常に周囲の状況判断が求められます。最後の1人になるまで続けても良いのですが、とられた側が退屈になってしまう可能性があるため、時間を決めて行ったほうが良いでしょう。

氷鬼

捕まったら氷となりその場から動けなくなる鬼遊びです。仲間にタッチされると氷が溶け、再び逃げられるようになります。この鬼遊びの注意点は、鬼が変わらないという点です。鬼が変わらないため、鬼が全員を氷にするしか終わる方法がありません。その場合、鬼の負担が非常に重くなってしまうため、鬼の人数を全体の3分の1以上にする、または、制限時間を設けるというルールを設定することをお勧めします。

ねことねずみ

2つの列をつくり、1つはねこの列、1つはねずみ列として向かい合います。呼ばれた列の人は目印(木や線)まで逃げ、呼ばれなかった列の人は向かい合っていた人を追いかけるという遊びです。「ねこ」または「ねずみ」を呼ぶ人は「ね~ね~ね~ねこ!」といったように、最初の部分を伸ばすと面白くなります。時々、根っこ、ネクタイ、ねじ、などの関係のない言葉を入れるフェイントをしても盛り上がります。瞬発力の向上が期待される遊びです。

おおかみさん、今何時

おおかみさんを決め、他の人は少し距離を取る。周りの人が「今何時」と聞き、おおかみさんは1時~12時までの時間を答えます。12時以外であれば、言われた時間と同じ歩数おおかみさんに近づきます。何度か繰り返し、12時と言われたら逃げる遊びです。おおかみ役の人は、できるだけひきつけてから12時という必要があります。「だるまさんが転んだ」と似た要素をもった遊びですので、併せて遊んでみると良いかもしれません。

妹を追いかける兄

5歳

手つなぎ鬼

鬼に捕まったら、鬼と手をつないでいく遊びです。単純な遊びに感じるかもしれませんが、手をつないでいくということは、1人の時よりも動きづらくなってしまうということです。そのため、より戦略的に逃げ手を捕まえる必要があります。点ではなく面として考えながら、逃げ手を追い込んでいけるよう捕まえ方を工夫してみましょう。

②図形鬼

島鬼の安全地帯を様々な形へと変えた鬼遊びです。丸、三角、四角など、いろいろな形の安全地帯を準備することで、収容人数に違いをだしたり、図形への意識を高めたりすることにつながります。あえて小さな安全地帯を作ってみたり、おかしな図形を作ってみたりしながら、安全地帯の活用法を考えられるよう工夫してみましょう。

③ケイドロ(ドロケイ)

警察と泥棒に分かれ、追いかけたり逃げたりする遊びです。非常によく遊ばれる遊びですので、ご存じの方も多いのではないかと思います。警察側と泥棒側でチームが分かれ、さらにその中でも見張り役やおとり役などの役割が出てきたりします。チームで協力して戦略的に勝利を目指す代表的な遊びと言えるでしょう。ただ、1点だけ注意をしないといけない点として、警察側は泥棒を全員捕まえたら勝ちとなりますが、泥棒側の勝ち方がないため、警察署に宝を置く、制限時間を決めるなどのルールを追加して、泥棒側の勝ち方も用意してあげると良いでしょう。

当て鬼

鬼はボールをもち、ボールで逃げ手を当てたら鬼が変わる鬼遊びです。走りながらボールを投げるという高度な技術が求められる遊びです。純粋な足の速さだけではなく、投能力も必要とされることから、いつもの鬼遊びとはまた違った様子が見られることがあります。参加人数によっては鬼の数を増やすと盛り上がります。

缶蹴り

円を描き、中心に缶を置きます。一人が缶を蹴り、鬼がその缶を戻すまでに周りの人は隠れましょう。鬼は隠れている人を見つけ、「〇〇くん(ちゃん)、見つけた」と宣言しながら缶を踏みます。見つかった人は円の中に入り待機します。鬼に見つかり、缶を踏まれるまでに蹴ることができれば再度スタートとなります。ルールだけを見ると複雑に見えるかもしれませんが、遊んでいくうちにルールは身につくことがほとんどです。隠れ鬼の延長版と考えても良いかもしれません。鬼に見つからないように近づき、缶を蹴るということで、逃げ手の戦略性が求められる遊びとなります。

ことろことろ

鬼を一人決めます。その他の人は列をつくり、前の人の方に手を置きましょう。鬼と列が向かい合い、一番後ろの人をタッチされないように先頭の人は鬼から守ります。列をつくる人は一人でも手が離れてしまったら負けとなります。この遊びは戦略性というよりも力技に近い要素が必要となりますが、相手を揺さぶるという点では、戦略性が必要となります。非常に活動量の多い遊びとなりますので、休憩を適度に取りながら遊ぶようにしましょう。

鬼に捕まりそうになる子ども

今回は年齢別に鬼遊び(鬼ごっこ)について紹介してみました。まだまだ鬼遊びはたくさんの種類があり、ここでは紹介しきれていない遊びもありますが、参考になれば幸いです。同じ遊びでも、年齢によって遊び方が変わってくるのも、こどもの素晴らしい一面でもあります。子どもの実態に合わせて、上の年齢で紹介している遊びをしてみたり、下の年齢で紹介している遊びで遊んでみたりと、上手く遊びを選択してもらえたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました