保育や指導案にも使える!! おすすめの縄遊び18選を紹介!!

運動遊び

今回は年齢別(1歳~5歳)の縄遊びについて紹介したいと思います。過去の記事では年齢別のねらいなどについても書いていますので、保育者の方や指導案の参考にしたいという方はそちらをご覧ください。

縄遊びは一般的に「縄跳び」をイメージされる方が多いかもしれません。もちろん、短縄、大縄を含めた縄跳びが遊びの中心であることは紛れもない事実だと思います。ただ、縄の活用方法はその他にもあり、特に低年齢の子ども達にとっては、縄遊びを楽しいものと思えるような工夫が必要となります。縄は踏んだり、沿ったり、投げたり、跨いだり、くぐったりといろいろな活用方法があるため、縄跳びに意識を限定してしまうことなく、様々な縄遊びを経験してみましょう。

縄跳びをする子ども

◎1歳

①縄に沿った歩行

いろいろな形で置かれた縄に沿って歩く遊びです。縄というと縄跳びをイメージされる方が多いのかもしれませんが、縄の使い方はほかにもあり、縄を無造作に置くだけでも遊びの道具となりえます。全く同じ形になるということはあり得ないため、いろいろな形で縄を地面に置き、その形に沿って歩いてみましょう。歩行が安定していない1歳児だからこそ、歩行の練習にもなります。

②引っ張りっこ

保護者や保育者と縄を引っ張り合う遊びです。縄でなくとも、ハンカチやガーゼなどでも遊ぶことができます。自分で引っ張ったり、引っ張られたりすることが中心になりますので、大人は引っ張りやすいように力の加減をしてあげることが必要となります。思い切り力を入れる遊びというのはそれほど多くなく、ましてや引っ張るという動きが含まれる遊びはさらに貴重となりますので、何度も繰り返し引っ張って遊びましょう。

③投げっこ遊び

丸めた縄を自由に投げる遊びです。縄は自由自在に形を変えられますので、投げて遊ぶことも可能です。ぐちゃぐちゃにして投げた後、地面に無造作に置かれた縄に沿って歩くというのも良いかと思います。まだまだ投げることは難しいかもしれませんので、大人と一緒に投げる動作を練習してみましょう。

④縄くぐり、縄またぎ

縄の下をくぐったり、縄の上をまたいだりする遊びです。安全面を考え、縄の下をくぐるときは高めに、縄の上をまたぐときは低めに設定して遊びましょう。くぐったりまたいだりする動きを繰り返すことで、体の使い方や身のこなし方が上手になっていきます。保育などの機会がある場合は、ゴム紐をランダムに張り巡らせて、またいだりくぐったりして遊ぶ「くもの巣」という遊びもおすすめです。

縄を揺らして遊ぶ子ども達

◎2~3歳

①縄越え

縄を前後、左右に跳んで楽しむ遊びです。縄は地面に置いたままで遊びますので、引っかかる危険性もなく、安全に楽しむことができます。まずは跳んで何かを飛び越えるという経験をするためにも、縄を前後に跳び越したり、左右に跳び越したりして、いろいろな跳び越し方に挑戦してみましょう。

②ヘビ跳び

短縄もしくは長縄を揺らし、へびのような動きをしている縄を跳ぶ遊びです。①で紹介した縄越えの縄が動いているバージョンと考えてもらえたら良いかと思います。動く縄を認識して跳ぶことで、長縄や短縄を跳び越す動作にもつながっていきます。激しい動きではなく、ゆったりとした動きで縄を揺らし、動く縄を跳びこす楽しさを経験しましょう。

③魔法の縄跳び

縄を手に持っているイメージで、手を回しながら跳ぶ遊びです。短縄跳びのイメージトレーニングと考えてもらっても良いかもしれません。縄跳びは、縄を腕で回しながら、足元に縄が来たら跳びこすという非常に難易度の高い動作です。そのため、まずは腕を動かしながら跳ぶ、という動作を経験することが重要となります。腕の動作と跳ぶ動作が合っていなかったとしても構いませんので、腕を回しながら跳ぶ動作で遊んでみましょう。

④いろはにほへと

縄を2本用意し、2人が縄もち役となります。縄もち役の人は「いろはにほへと、上か下か真ん中か」という掛け声に合わせて縄を縦に揺らし、掛け声が終わると同時にいろいろな高さで縄を止めます。待っている人は縄のほうを見ないように待ち、歌が終わると同時に上、下、真ん中を宣言します。宣言後、縄の様子を確認し、自分が宣言した高さのスペースを縄に当たらないようにくぐったり、乗り越えたりする遊びです。この遊びは跳ぶという動作が基本的に出てこないため、縄跳びが苦手な子でも楽しく遊ぶことができます。縄が怖い場合はゴム紐でも遊ぶことができますので、状況に応じて変えてみると良いかと思います。

長縄で遊ぶ子ども達

◎4歳

①長縄くぐり

回っている長縄をタイミングよく、くぐり抜ける遊びです。4歳となり、短縄で跳ぶことができるようになったとしても、回っている長縄に入っていくことはまだまだ難しいかと思います。そのため、長縄の中で跳ぶのではなく、回っている長縄に当たらないようにくぐり抜けることから始めてみましょう。最初は恐怖心があるかもしれないので、大人や上手にくぐれる友達と一緒にくぐってみましょう。遊んでいるうちに回っている長縄に入るタイミングを身につけることができます。

②長縄跳び

揺れている長縄を、前後、左右に連続して跳ぶ遊びです。①でも書きましたが、回っている長縄を跳ぶのが難しい子はまだまだ多いため、実際に跳ぶ場合は長縄を回すのではなく、揺らしている長縄をみんなで跳んで遊んでみましょう。体の向きを変えることで、前後に跳んだり、左右に跳んだりすることができます。

③縄跳び(短縄)

縄を回し、足元に縄がきたら跳ぶという動作を連続して行ってみましょう。最初は手で縄を回す動作と跳ぶという動作が別々になってしまうかもしれませんが、それでもかまいません。それぞれの動きのスピードを少しずつ上げていくと、徐々に「縄跳び」の姿に近づいてきます。理想は「1回旋、1跳躍(縄を1回回す際に1回だけ跳ぶ)」ですが、「1回旋、2跳躍(縄を1回回す際に、2回跳ぶ)」でも十分ですので、焦らず何度も挑戦しながら動きを覚えていきましょう。

④かけあし跳び

走りながら縄を回し、足元にきたら縄を飛び越えるという動作を繰り返し行う遊びです。連続跳びができない子でも、かけあし跳びはできるという不思議な現象が起こることがあります。要は移動しながら縄跳びを跳ぶという遊びです。足を動かしながら腕で縄を回すという動作が含まれていますので、連続跳びにもつながってくる動きとなります。連続跳びに飽きてきたら、かけあし跳びで動きながら跳んで遊ぶというのも良いですね。

縄跳びで遊ぶ幼児

5歳

①運び屋さん

縄の上に乗ったり、縄と縄を絡ませたりして、片方の人がもう片方の一人を引っ張って移動させる遊びです。縄の上に上手く乗れるかどうかが問題となってきますので、室内で上手く乗れない場合は縄には乗らず、靴下の状態で縄を引っ張ってもらうというほうが良いでしょう。室外で遊ぶ場合は、縄で引っ張っていどうできる地面かどうか確認してから遊びましょう。

②リンボー遊び

上体をそらしながら、一定の高さの縄に触れないようくぐる遊びです。状態をそらす動きは子どもによっては難しいかもしれませんので、その場合は無理をせず、ただくぐるというだけでも構いません。高さをだんだんと低くしていき、こけてしまわないよう、立ったままくぐれる限界に挑戦してみましょう。

③しっぽとり

縄をしっぽに見立て、しっぽを取り合う遊びです。これは多くの方がご存じかと思いますので、説明はいらないかと思いますが、鬼遊びと縄遊びを組み合わせた遊びとなります。もちろん、しっぽは縄でなくとも帽子でも、布でも、新聞でも構いませんが、縄遊びの延長として遊ぶことができます。しっぽとりは運動量も豊富なため、メインの遊びとして設定することも可能です。非常に盛り上がる遊びですので、定期的に組み込んでも良いでしょう。

ヘリコプター

片足に縄を結び、足で縄を回しながらもう片方の足で跳ぶ遊びです。リズム感と足を動かすタイミングが要求される遊びですので、難易度は高いかもしれません。連続で跳ぶことができなかったとしても、単発で跳んで遊ぶことができれば十分かと思います。体の動かし方を学ぶことのできる遊びですので、ウォーミングアップとして位置付けても良いでしょう。

縄跳び(短縄)

連続跳びやかけあし跳び、うしろ跳びなどに挑戦してみましょう。5歳段階は連続跳びの技能に差が出てくる時期です。そのため、縄跳びが苦手な子は縄遊びが嫌いになってしまう可能性も高くなります。それを避けるためにも、それぞれの能力にあった目標設定をしてあげましょう。全体で目標回数に挑戦することも悪くありませんが、それぞれで目標の回数を決めさせ、その目標に向かって挑戦させてあげましょう。苦手な子は腕と足の動作が連動できていなかったり、脇があいて上手く縄を回せていないことがありますので、少しずつ動きを組み合わせて流れを作ってあげること、脇をしめて縄を回すことを意識してみると良いかと思います。

長縄跳び

回っている縄を連続して跳んでみましょう。8の字跳びのように、跳んだら縄の外に出ていくというのはかなり難易度が高くなりますので、まずは最初から縄の中に入った状態で跳んでみましょう。上手に跳べるようになったら、縄の外から中に入ってきて、その場にとどまって跳ぶという段階に入りましょう(最初に入る子は跳び続けることになるため、入る順番は配慮が必要です)。その後、可能であれば8の字跳びのように、縄の外から縄の外へと跳んでみましょう。みんなで目標の回数を設定し、目標を達成することでチームとしての一体感を感じることができます。達成可能な目標を適切に設定してあげましょう。

運動会で長縄をする子ども達

今回は年齢別に縄遊びについて紹介してみました。縄遊びはどうしても「縄跳び」の技能習得に向かってしまいがちですが、縄跳びに意識を限定することなく、いろいろな遊びで縄の楽しさを感じましょう。他の道具と組み合わせると、さらに縄遊びの幅が広がりますので、縄遊び=縄跳びとならないよう、縄の特性を活かした遊びで楽しんでほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました