【運動遊び大図鑑】おすすめのボール遊び18選を紹介!!

運動遊び

今回は年齢別(1歳~5歳)のボール遊びについて紹介したいと思います。過去の記事では年齢別のねらいなどについても書いていますので、保育者の方や指導案の参考にしたいという方はそちらをご覧ください。

ボール遊びは子ども達に大人気の遊びです。ドッジボールやサッカー、キャッチボールなど、イメージしやすい遊びがたくさんあるかと思います。ただ、個人の能力差が出やすいこともあり、ボール遊びに苦手意識をもっている子も少なくありません。そこで、誰もが簡単に楽しく遊べる遊びを知り、子どもの実態に合わせて遊びを提供してあげることで、ボール遊びの楽しさを感じることができ、苦手意識を減らすことができます。ボールの特性を活かした遊びに取り組み、その楽しさを十分に経験しましょう。

ボールを持つ幼児

◎1歳

①ボール転がし

手や足でボールを転がし、慣れてきたら、転がしたボールを追いかける遊びです。ほとんどの子どもが最初に触れるボール遊びではないでしょうか。なんてことはなく、ただボールを転がしたり、転がしたボールを追いかけたりする遊びですが、ボールは転がるもの、動くものという認識をするためには重要な遊びとなります。何度も繰り返し遊びながら、ボールの特性を学びましょう。

②ボール渡し

ボールを保護者や保育者と渡し合う遊びです。友達とできる場合は友達と行ってももちろん大丈夫です。この遊びも、大人からしたら意識的に行うまでもない遊びかもしれませんが、ボールは丸いため、誰かに渡す場合、渡される場合、滑ったり受け取りづらかったりします。そのため、ほかの道具よりも受け渡しが難しい道具でもあります。大きさにもよりますが、最初は片手で握れる大きさのボールから、両手でしか持てないボールまで、いろいろな大きさのボールで受け渡しをしてみましょう。

③バランス遊び

バランスボールなどの大きなボールを子どものお腹やおしりの下に入れ、大人が支えながらバランスをとる遊びです。この遊びは子ども一人ではできないため、必ず保護者や保育者の支えが必要となります。大きめのボールをお腹の下に入れ、うつぶせの状態で少し縦に揺らしてみたり、ボールの上に座るような形で座り、縦に揺らしてみたりしましょう。体幹を鍛えるために理学療法等でも取り入れられる動きですので、体づくりにも効果的な遊びとなります。

水たまりの中からボールを蹴る幼児

◎2~3歳

①ボール転がし(目標あり)

1歳児の記事で紹介したボール転がしとは違い、目標にめがけてボールを転がす遊びです。こちらはボール操作を身につけるための遊びとなりますので、ただ転がすことよりも難易度は上がります。最初は大きめのボールを使ったり、目標物を大きく設定してあげて、自分の転がしたボールが目標物に当たる面白さを経験させてあげましょう。

②ボール投げ

ボールをいろいろな方向に投げたり、友達や 保育者と投げ合ったりする遊びです。2歳にもなると、1歳児とは比べ物にならないほど上手に投げられるようになります。もちろん、ステップをしてからのボール投げはまだまだ難しい部分がありますが、両手や片手で遠くに投げる素地ができてきます。やわらかいボールはもちろん、新聞紙や布を丸めたボールを投げて遊んでみましょう。

③ボール蹴り

ボールを蹴ったり、足で止めたりする遊びです。ボールを投げるときと同様に、まだステップインしてからボールを蹴ることは難しいですが、足でボールを蹴ること自体はできるようになってきます。自分の蹴ったボールが遠くに転がっていくという感覚は、場所の問題もあり、なかなか感じづらくなってきました。ボールを蹴る場所が確保できるのであれば思い切りボールを蹴って遊ばせてあげましょう。そして、意外と難しいのがボールを足で止めるという技術です。サッカーではトラップと言いますが、ぜひ蹴るだけではなく、ボールを止めても遊んでみましょう。足の裏だけではなく、肘、膝、おしり、おなかなどでボールを止めてみるのも盛り上がります。

④ボール回し

お腹や頭、膝の周りを通して回す遊びです。大きいボールだと回しづらいため、最初は小さいボールから始めるとよいでしょう。ただ、小さすぎるボールも逆に回しづらくなってしまうため、片手では持てないけれども、両手で持つには小さい、といった程度のボールが最適かと思います(わかりづらくてすみません…。)ゆっくり始めて慣れてきたらどんどん速く回せるようにしてみましょう。ボール操作の素地を養うことができます。

⑤クレーン

床に座って両足でボールを挟み、持ち上げたり移動させたりする遊びです。腹筋を必要とするため、長い時間は難しいかと思いますが、体幹を鍛えるのには最適な遊びです。大きめのボールのほうが足で挟みやすいため、最初は大きめのボールから始めるのが良いでしょう。ボールを挟んだままぐるりと回ってみたり、友達から渡されたボールをキャッチしてみたりしましょう。

ボールを蹴り合う子ども達

◎4歳

①ボール投げ、キャッチ

ボールを頭上に投げ上げて、落ちてきたボールをキャッチする遊びです。4歳児の中には、簡単にできてしまう子もいるかと思いますので、キャッチする前に拍手をしてもよいかと思います。ボールが落ちてくる前に何回拍手ができるか、周りの友達と競争してみましょう。

②ボール蹴り

2~3歳児の遊びでも紹介しましたが、今回は目標物に向かってボールを蹴るという遊びです。サッカーゴールなどがあればよいのですが、ない場合でも壁にしるしをつけてあげたり、ペットボトルを置いてあげたりすることで的をつくることができます。目標を定めてボールを蹴るという動作は、投げる動作よりもはるかに難しくなりますので、なかなか上手くいかないかもしれません。目標物の数を増やしたり、大きさを大きくしたりと工夫して、ボールが目標に当たる喜びを経験させてあげましょう。

③当て鬼

ご存じの方も多いかと思いますが、ボールを当てられたら鬼が変わる鬼ごっこです。鬼ごっことボール遊びを組み合わせた遊びとなります。走りながらボールを投げることとなりますので、これまでの遊びから難易度が上がります。ただ、ボールが遠くに投げられなくても、近づいてから確実にボールを当てることもできるため、鬼ごっこやボール遊びにスパイスを加える形で遊んでみるとよいかと思います。

④ボール渡し

複数人で1列に並び、頭の上や足の間、体の横など、いろいろなところからボールを渡していく遊びです。渡す場所は全体で決め、頭の上であれば頭の上だけを通ってボールを渡すようにしましょう。慣れてきたらグループを二つ以上に分け、どちらが早く後ろまで渡せるか競争してみましょう。人数が少ない場合は、後ろの人までいったら折り合えして先頭の人に渡すまでを1クールとして遊ぶと良いかと思います。

⑤転がしドッジボール

逃げられる範囲を決め、その範囲の外から外野がボールを転がし、当てられたら交代する遊びです。逃げられる範囲は四角や円で描くことが多いのですが、どちらでも構いません。外野の人数が少ない場合、円で行うとボールを取りに行くことに時間が割かれてしまうため、外野の人数が多い場合は円、少ない場合は四角にするとよいでしょう。ボールは可能であれば柔らかいボールを使い、広いスペースを確保したうえで遊びましょう。

ボールをパスする子ども

5歳

①ボール投げ、キャッチボール

4歳児の記事でも紹介しましたが、ボールを頭上に投げ上げて、落ちてきたボールをキャッチする遊びです。5歳児でも同様に楽しむことができますが、5歳児は片手で上に投げてみたり、投げ上げて落ちてくるまでに1回転してみたりと、動きにバリエーションを加えてみましょう。

②ボールストップ

転がされたボールを足や膝、肘、頭など、いろいろな部位で止めてみる遊びです。足の裏でボールを止めるのは簡単かもしれませんが、肘、膝、おしりなどでボールを止めるとなると非常に難しくなります。ただ、ボールと自分の体との距離感をつかむ機会にもなりますので、いろいろな部位で止めてみましょう。低年齢児でも楽しむことのできる遊びですので、ぜひ試してみてください。

③ペアリレー

二人でボールをお腹や背中に挟みながら目的地までボールを運ぶ遊びです。レクリエーションなどで遊んだことのある方も多いのではないでしょうか。この遊びは、ボールが自分の体のどこに触れていて、どのくらいの力を加えていれば下に落ちないのか、また、どう力を入れればボールのバランスを保つことができるのかなど、力の入れ具合を考える機会となります。子ども同士のコミュニケーションを深めることにもつながりますので、年度当初などにおすすめの遊びです。

④サッカー遊び

ボールを蹴り合いながら、ゴールに向けてボールを蹴る遊びです。5歳段階では、まだまだサッカーには程遠い状況かと思いますので、ゴールに向かってのシュート遊びでも構いません。ゴールを準備するのが難しい場合はコーンを立てて簡易的なゴールを作るだけでも楽しむことができます。現代はボールを蹴る機会がどんどん減っていますので、ぜひ経験させてあげたい遊びでもあります。

⑤ドッジボール

遊びの説明は必要ないと思いますので、ポイントだけ書きたいと思います。ドッジボールは固いボール、柔らかいボールのどちらにも利点があるのですが、ボールが怖い子もいますので、最初は柔らかいボールを使うほうがよいでしょう。また、可能であればドッジビーから始めるのも一つの方法です。ドッジビーというのは、ドッジボールと同じルールの中で、ボールではなく柔らかいディスクを使って行う遊びです。ボール遊びからは離れてしまいますが、ドッジボールのルールを理解したり、ボールが怖い子がいる場合はドッジビーからドッジボールへと移行するのも良いかと思います。

両手にボールを持つ幼児

今回は年齢別にボール遊びについて紹介してみました。ボールは他の道具と違って、弾む、転がる、縮むなどの特性を持っています。そのため、ボール遊びでしか感じることのできない楽しさがあります。個人、集団のどちらでも人気のある遊びですので、発達段階に合わせた遊びを選択しながら、ボール遊びの面白さを体感しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました