【運動遊び大図鑑】おすすめのフープ遊び18選を紹介!!

運動遊び

今回は年齢別(1歳~5歳)のフープ遊びについて紹介したいと思います。過去の記事では年齢別のねらいなどについても書いていますので、保育者の方や指導案の参考にしたいという方はそちらをご覧ください。

フープは腰で回したり、手で回したりと、「回す」イメージが強いかもしれませんが、フープ単体はもちろん、他の道具との組み合わせ方が非常に多い道具です。低年齢から保護者や保育者と一緒に遊べる遊びも豊富にあるため、保育施設には必ずと言っていいほど置いてある道具の一つです。大人のアイスブレイクやチームビルディングにも使われたりすることもあり、目印や障害物としても使用できるため、その活用法は非常に幅広いといえます。他の道具と上手に組み合わせながら、フープ遊びを最大限に楽しみましょう。

フープを引っ張る子ども達

◎1歳

①フープ歩き

歩行ができるようになったら、大人と一緒にフープをもちながら歩いてみましょう。歩行が不完全な場合でも、フープを支えにしながら歩行の練習として遊んでみましょう。

②フープくぐり

大人が支えているフープの中をくぐって移動してみましょう。歩行が不完全な場合でも、移動距離が長くないため、サイズの大きなフープを使うと1、2歩でもくぐることができます。歩行が安定してきたら、小さめのフープを使って、少し頭をかがめながらくぐるのも良いでしょう。

③追いかけっこ

フープを転がして、そのフープを追いかけて遊びましょう。こちらの遊びはある程度歩行が安定してきた段階がおすすめです。フープはまっすぐに進むときもあれば、ふらふらとよろけながら進むこともあるため、いろいろな動線を歩いてみましょう。

④電車遊び

1歳後半になり歩行が安定してきたら、大人と一緒にフープに入って電車のように歩いてみましょう。大人が前になったり、子どもが前になったりしながら、他の友達がいる場合には連結しながら遊ぶのもおすすめです。

フープに入る子ども

◎2~3歳

①立ち上がり

二人一組をつくり、一人はフープの中に入り、もう一人は外側からフープを持ちます。そして、中にいる人はしゃがんだ状態となり、外側にいる人にフープを頭の上から落としてもらいます。フープが地面に着くと同時に立ち上がる遊びです。シンプルな遊びですが、タイミングよく体を動かす必要があるため、リズム感を養うことにもつながる遊びです。

②輪投げ

その名の通り、目印がフープの中に入るようねらって投げる遊びです。一般的な輪投げをフープで行うというイメージをもっていただけたらと思います。フープを使うことで、より目印がフープの中に入る確率が高くなり、成功体験を得やすくなります。難しい場合には小さい目印を大きなフープでとらえられるようにしてみましょう。

③電車ごっこ

1歳児のフープ遊びでも紹介しましたが、2~3歳児でも電車ごっこは人気の遊びです。1歳児と違う点としては、2~3歳児は保護者と一緒ではなく、一人でフープの中に入って遊んだり、友達と連結したりしながら遊ぶという点です。音楽を活用したり、実際の電車を見せたりしながら遊ぶと、より楽しめるかと思います。

④フープ渡り

フープを床に並べ、ジャンプしながらフープの中を渡っていく遊びです。こちらの遊びもシンプルにはなりますが、「跳ぶ」「着地する」という動作が含まれることで、骨や筋肉には程よい刺激が加わります。跳ぶことに慣れていない子どももいるかと思いますので、可能であればいろいろな大きさのフープを準備して、子どもの実態に合った場づくりができるとよいでしょう。

フープで遊ぶ子ども達

◎4歳

①ペアでの転がし合い

二人一組をつくり、お互いにフープを転がし合うというシンプルな遊びです。4歳未満でもできそうな遊びですが、フープを立てて転がすという動作は意外と難しいものです。また、まっすぐに転がすということはさらに難しくなります。大人でも順回転(前回転)でまっすぐ転がすのは難しい技術ですので、いろいろな転がし方に挑戦しながら遊んでみましょう。

②転がし競争

上記の転がし合いの発展遊びとなります。転がすことに慣れてきたら、横一列に並び、誰が一番遠くまで転がすことができるか競争をしてみましょう。どのような転がし方が遠くまで転がるのか、考えるきっかけにもつながります。競争を嫌う保育者の方もいらっしゃるかもしれませんが、大会と考えてもらえたら、互いの技術を伸ばすきっかけとなります。

③色鬼

様々な色のフープを用意し、指示されたフープの中に入る前に捕まえる鬼遊びです。フープ特有の遊びというわけではありませんが、フープを活用することで場所を選ばず色鬼を楽しむことができます。また、色鬼は多少ルールを理解する必要がありますので、4歳頃の子ども達に適切な遊びといえます。フープの中に入れる人数に制限があるため、フープの数によってはより高度な遊びになる場合もあります。

④ケンケンパ

フープを床に並べ、片足もしくは両足でジャンプをしながら移動する遊びです。人気の遊びですので、イメージがしやすいのではないかと思います。ジャンプができる年齢あれば遊ぶことができますが、片足でケンケン移動ができると、さらに楽しむことができます。最初は小さなフープのほうが歩幅が小さくなるため、やりやすいかもしれませんが、状況によって、いろいろな大きさのフープを用意しながら楽しい場を設定してあげましょう。

フープでケンケンパをする子ども

5歳

①フープ回し

手や腰、足などでリズムよくフープを回す遊びです。一般的にフープを使った遊びとして行われる代表的な遊びとなります。5歳児であればある程度回せる子も出てきますが、大半は上手に回せない子のほうが多いかと思います。長く回すことにこだわらず、3回や5回など、目標とする回数を決めて取り組んでみましょう。

②フープ跳び

フープを縄跳びのようにして回して跳ぶ遊びです。この遊びもフープ遊びの代表格となっている遊びです。フープは縄と違ってほとんど形が変わらないため、フープのほうが跳びやすいという子もいます。(縄は形が変わりやすいがゆえに、ある程度のスピードで回さないとコントロールが難しいです。)フープのサイズによっては跳びづらさも出てきますが、縄跳びの前段階として取り入れてもよいかと思います。

③投げ上げキャッチ

フープを投げ上げて、地面に落とさないようキャッチする遊びです。フープが大きすぎる場合、投げ上げることが難しくなってしまうため、最初は小さいフープから挑戦するとよいでしょう。天井が低い場合、照明などにあたってしまわないよう注意が必要です。

④フープくぐり

一人がフープを転がし、動いているフープの中をくぐる遊びです。難易度の高い遊びではありますが、くぐるときにフープにあたっても大丈夫です。とにかくフープの中に体が入ればオーケーです。子ども同士で行う場合はまっすぐにフープを転がせられなかったり、転がすスピードが速すぎたりすることがあるため、大人がゆっくりと転がしてあげたほうがよいかもしれません。

⑤フープリレー

手を繋ぎ一列になり、手を離さないようにフープを隣の人へと渡していく遊びです。列になっても、円になっても遊ぶことができます。隣の人に上手くフープを渡せるよう、お互いに協力することがポイントとなります。いくつかのグループを作って、競争してみると盛り上がる遊びです。

⑥フープダウン

数人で円になり、片手の人差し指の上にフープを乗せます。フープから指が離れないように、息を合わせながらフープを下げていく遊びです。この際、お互いに声を出すことは禁止となりますが、最初は声を出しながら遊んでもよいかと思います。やってみるとわかりますが、子どもの中には指をフープから離してはいけないという意識が強くはたらき、フープを下げるはずが上がっていってしまう子もいます。運動量はありませんが、アイスブレイクとして楽しめる遊びです。

フープ回しをする子ども達

今回は年齢別にフープ遊びについて紹介してみました。フープは個人で利用するイメージが強いかもしれませんが、集団遊びに非常に適した道具でもあります。子どもから大人まで年齢を問わず楽しめる遊びが豊富にありますので、個人はもちろん、グループや集団でも活用してみましょう。また、目印やエリア分けにも利用しやすいため、他の道具とも組み合わせながら幅広い運動遊びに触れてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました