5歳児のマット遊び~ダイナミックな遊びに挑戦してみよう!!~

マット遊び

今回は5歳児のマット遊びについて紹介したいと思います。どちらかというと保育現場での活用を意識した記事となりますので、現場の保育者の方や実習を控えている学生さん等、指導案などに活用してもらえたらと思います。もちろん、ご家庭でも活用できるかと思いますので、よかったらご活用ください。

5歳児はよりダイナミックな動きに挑戦できる時期となります。体全体を大きく動かしながら、力強い動きや躍動感のある動きを取り入れて遊んでみましょう。前転や後転といったいわゆる「体操」と呼ばれる動きも増えてきますが、マット遊びの楽しさを感じるためには、あくまで「遊び」として様々な動きに挑戦してみましょう。1~4歳児の記事も書いていますので、よかったらそちらもご参照ください。

記事の流れとしては、遊びのねらい、具体的な遊び例、環境設定、安全への配慮、保育者の援助、という項目で紹介していきます。

ねらい

①運動に関するねらい

・マットを押したり、引っ張ったりしながら全身運動を行うとともに、全力で遊ぶ経験を深める。

・回転運動や逆さ感覚など、普段は経験しないような運動、感覚を積極的に経験する。

②心情に関するねらい

・友達とゲームの作戦を立てたり、役割分担を相談したりすることを通して、「人と関わる力」を養う。

◎具体的な遊び例

おいもほり

一人はマットの端につかまり、もう一人はおいもを引き抜くように、つかまっている子を引っ張る遊びです。似た遊びに「大根抜き」という遊びがありますが、マットから手が離れないように耐える遊びとなります。大根抜きのように腕と腕を組むわけではないため、マットから引きはがされやすいのですが、引き抜く力に自信のない子でも引き抜きやすい遊びですので、みんなで楽しむことができます。思い切り力を発揮する遊びは意外と少ないため、活用してみましょう。

②キャタピラー

まず、頭の位置を揃えて横一列に寝ましょう。そして、横一列に並んでいるみんなの上に垂直になるように一人寝ます。下の人たちは同じ方向に転がりながら、上の人を運んでいく遊びです。その名の通り、「キャタピラー」のように転がり、上に載っている人を運んでいきます。上に乗っている人はできるだけ自分の力では動かないようにして、下のみんなに身を任せましょう。下のみんなは大変ですが、協力しながら決められた距離を運んであげましょう。

③マット取り合戦

マットの端をつかみ、自分達の陣地に引っ張っていく遊びです。棒取り合戦のマットバージョンのような感じです。上記で紹介した「おいもほり」と同じように、マットを引っ張る遊びとなりますので、思い切り力を発揮できる遊びの一つです。慣れてくると、どのマットから陣地に運ぶかという戦略も立てられるようになりますので、チームで協力する楽しさも感じることができます。

ケンケン押し相撲

片足でケンケンをしながら押し相撲を行う遊びです。4歳児でも「押し相撲」を紹介しましたが、5歳児ではケンケンをしながら押し相撲をしてみましょう。バランスをとることが難しいため、必ずしも力の強い子が勝つとは限りません。自分のバランスを保ちつつ、相手を押し出すという複合的な遊びとなりますので、活動量も十分に確保できる遊びです。

川跳び

マットを川に見立てて跳び超える遊びです。純粋にジャンプして跳び越えても良いのですが、可能であれば「側転(側方倒立回転)」を意識した跳び方にチャレンジしてみましょう。両手をマットに着きつつ、足がマットに触れないように跳び越します(手は川の中に入ってしまっていることとなりますが、そこは見なかったことに…)。体を支持する感覚が身につきますので、側転や逆立ちの技能へとつながっていきます。

マットで川跳びをする子ども達
引用:文部科学省
逆立ちをするこども

◎環境設定

色の違うマットが準備できると、組み分けや陣地分けに利用することができるため、可能であれば色の違うマットを準備しましょう。また、近年のマットは比較的軽いマットが多くなってきていますが、子ども達で運べるマットであれば、自分たちで準備から片付けまでやってみましょう。

◎安全への配慮

ケンケン相撲やマット引き合戦などのダイナミックな遊びを行う場合は、事前にまわりに危険なものがないか確認しておきましょう。その際、マットが動く可能性があるため、マットと床の間には滑り止めを敷くと良いでしょう。また、接触がある遊びの前には子ども達の爪が伸びていないかを確認し、相撲などでケガがないよう注意しましょう。

◎保育者の援助

ゲームでは、どのようにすれば勝てるのかなどを、チームで考える機会を与えるようにするとよいでしょう。5歳児は戦略を考えることも楽しみの一つとなりますので、作戦タイムとしてみんなで考える時間を確保してあげましょう。そして、ゲームの勝ち負けを強調しすぎることなく、ゲームの中での発見や工夫などを褒めるよう心がけましょう。勝ち負けがつくことは仕方がないのですが、負けてしまったチームが卑下することのないよう、良かった点をたくさん見つけてあげましょう。環境設定でも記述しましたが、マットの準備等、自分たちでできることには干渉しすぎないように気をつけましょう。

マットでストレッチをする子ども達

今回は5歳児のマット遊びについて紹介してみました。5歳児はダイナミックな動きに挑戦しながら、チームでの遊びも楽しめる時期です。そのため、個と集団での遊びのバランスを考えながら、それぞれの楽しさを組み合わせられるよう工夫してみましょう。もちろん、遊び方によって、マットの使い方もどんどん変えていきましょう。

参考文献:「保育と幼児期の運動遊び」岩崎洋子 編著  吉田伊津美・朴 淳香・鈴木康弘 著 B5判 218頁(2018/02/15)、ISBN978-4-89347-274-8

コメント

タイトルとURLをコピーしました