2~3歳児の固定遊具遊び~遊具を利用した動作を楽しもう!!~

固定遊具遊び

今回は2~3歳児の固定遊具遊びについて紹介したいと思います。どちらかというと保育現場での活用を意識した記事となりますので、現場の保育者の方や実習を控えている学生さん等、指導案などに活用してもらえたらと思います。もちろん、ご家庭でも活用できるかと思いますので、よかったらご活用ください。

2~3歳児は歩行も安定してくるため、固定遊具でも遊びの幅が広がってきます。何より、1人で遊べるようになるため、遊べる固定遊具の種類も増えてきます。固定遊具そのものの遊び方を楽しみながら、少しずつ固定遊具を活かした遊びに挑戦していきましょう。そして、その過程でいろいろな体の動かし方を経験しましょう。他の年齢の記事もありますので、よかったらご覧ください。

記事の流れとしては、遊びのねらい、具体的な遊び例、環境設定、安全への配慮、保育者の援助、という項目で紹介していきます。

ねらい

①運動に関するねらい

・歩行が完成する時期のため、遊具を利用していろいろな歩き方を試みる。

・固定遊具で繰り返し遊ぶことを大切にし、一つひとつの技能を確実に習得する。

②心情に関するねらい

・他人数との関わりが多いため、順番や待つことを学ぶ機会へとつなげる。

・外に出て固定遊具で遊ぶことで、活動範囲が広がり、探索行動も広がる。

◎具体的な遊び例

ジグザグ歩き

登り棒や鉄棒を支えとしながらジグザグに歩く遊びです。この遊びは特定の固定遊具を必要としないのですが、遊具間の移動を楽しむという遊びとなります。遊具そのもので遊ぶのはもちろん楽しいのですが、遊具間を移動する際にも一つの工夫として遊びを組み込むことができます。歩行の安定化のためにも意識的にジグザグと歩いてみましょう。

②ジャングルジム

ジャングルジムの中を歩いたり移動したりする遊びです。ジャングルジムは握ったり、足を着いたりするバーが上下左右にあるため、比較的安全に移動をすることができます。しかし、足を踏み外したり、手が滑ってしまったりすることも考えられるため、常に注意は必要です。どこを掴み、どこに足をかけるのかを考えながら移動することで、体の動かし方を学ぶ機会にもつながります。

③すべり台

いろいろなすべり方ですべってみましょう。これまでは大人の人と一緒にすべることが多かったかもしれませんが、1人ですべれるようになったら、通常の座ったままのすべり方からうつ伏せですべってみたり、仰向けですべってみたりと、体勢を変えてすべってみましょう。頭からすべるときは危険を伴うため、スピードや降りた先に気をつけながらすべりましょう。

④ブランコ

一人で座りこぎに挑戦してみましょう。足を動かしながら反動をつけていくのは、最初はなかなか難しいかもしれません。そのため、最初だけ少し揺らしてもらい、その力を利用して揺れ幅を大きくしていくことが良いかと思います。大きく揺れる心地よさを感じながら、勢いのつけ方を学びましょう。

⑤鉄棒

棒につかまってぶら下がってみましょう。ぶら下がることに慣れてきたら、誰が一番長くぶら下がっていられるか競争してみましょう。器用な子の中には、豚の丸焼きや足抜き回りといった技をこなしてしまう子もいますが、技能の幅には個人差がありますので、2~3歳時点ではぶら下がったり、よじ登ったりという動作で楽しむことができれば十分でしょう。

鉄棒にぶら下がる子ども

◎環境設定

シールなどで目印をつけ、移動する目標にしてみましょう。ジャングルジム等に色違いのシールを貼ると、自分がどこまで移動できたかということを言葉で表現しやすくなります。また、遊具間に道を作り、いろいろな遊具で遊ぶような工夫を加えてみましょう。遊具と遊具との間に道を作るだけでも、子ども達は不思議と遊具を移動して遊び始めます。道もくねくねしたり、ジグザグしたりと移動も楽しくなるような工夫ができると良いでしょう。

◎安全への配慮

異年齢で遊んでいるときは、遊ぶ内容が異なるため、無茶をしないよう注意しましょう。年上の子どものまねを年下の子がした場合、体の使い方や運動能力が追い付かずにけがをする可能性があるため、まねをしようとしている時は要注意です。また、ブランコの周囲には入らないよう注意しましょう。当たり前のことですが、ブランコは楽しい反面、周囲にいる人に大けがをさせる可能性も秘めています。ブランコが止まるまでは近づかないように気をつけましょう。そして、高さのある遊具は転落の可能性があるため、周囲の安全を含め注意しましょう。屋外用のマットなどがあれば周囲に敷けるのですが、ジャングルジムなどを囲むように配置することは難しいため、子ども達が高く上っている時は目を離さないよう注意し、すぐに援助ができる位置にいましょう。

◎保育者の援助

運動経験の少ないと思われる子は、保育者が遊具に誘って、補助をしたり助言をすると良いでしょう。固定遊具遊びは器械運動のように好き嫌いがはっきりと分かれるわけではありませんが、それでも苦手とする子はいます。そのため、固定遊具を活かした簡単な遊びで楽しさや成功体験を味わわせてあげ、固定遊具が怖いものではないということを体感させてあげましょう。また、衝突や転倒、落下が予測される場所には注意を払い、危険を察知したらすぐに対応できる体制を整えておく必要があります。人数が多い場合は複数人で見守り、瞬時に援助ができる位置にいることが大切です。

ジャングルジムで遊ぶ子ども

今回は2~3歳児の固定遊具遊びについて紹介してみました。少しずつ固定遊具そのものの楽しさを感じられるようになり、固定遊具を活かした遊びもできるようになってくる時期です。固定遊具でしか味わえない感覚を感じながら、いろいろな体の動かし方を経験してみましょう。

参考文献:「保育と幼児期の運動遊び」岩崎洋子 編著  吉田伊津美・朴 淳香・鈴木康弘 著 B5判 218頁(2018/02/15)、ISBN978-4-89347-274-8

コメント

タイトルとURLをコピーしました