盛り上がる手遊び大集合!! 人気の手遊びやおすすめの指遊び63選(後編)

ベビー

今回は前編に引き続き、いろいろな手遊びを紹介します。前編をご覧になっていない方は、ぜひ前編もご覧いただけたらと思います。

年齢別の記事をご覧になりたい方はこちらをどうぞ。

0歳児に人気、おすすめの手遊び・指遊び12選

1歳児に人気、おすすめの手遊び・指遊び22選

2歳児に人気、おすすめの手遊び・指遊び40選

3歳児に人気、おすすめの手遊び・指遊び37選

4歳児に人気、おすすめの手遊び・指遊び29選

5~6歳児に人気、おすすめの手遊び・指遊び26選

前編でもお話ししたのですが、乳幼児期にとって手遊びは切っても切れない遊びと言えます。一昔前は手遊びの本を買ったり、近くの保育サークルに参加したりしながら手遊びを学んでいた方が多かったのではないかと思いますが、インターネットが発達した今、ネットでも手遊びについて学ぶことができるようになりました。簡易的ではありますが、参考にしてもらえたらと思います。

※手遊びは字面だとなかなかわかりにくいところがありますので、百聞は一見に如かずではありませんが、youtubeさんのお力をお借りして動画を貼り付けています。目次が長くなってしまいますが、悪しからず。

まほうのて

グーチョキパーというじゃんけんにでてくる手の形を活用する手遊びです。ゆったりとした曲調の手遊びですので、午睡前などに行うとぐっすり眠れるかもしれません。基本的には天狗、めがね、さかなが登場しますが、手で表現できるものであればアレンジができますので、グーチョキパーの形で楽しむときや、じゃんけんで楽しむときには活用したい手遊びです。

いとまき

有名すぎて、もはや説明がいらない手遊びです。いとまきは簡単な手の動きが基本となっていますので、乳児にも親しみやすく、いろいろなアレンジもしやすい遊びです。手だけでなく、足でも遊ぶことができます。多くの方は「トントントン」という歌詞までは知っているかと思いますが、その後の歌詞もご存じでしょうか。ご存じない方は、アレンジがしやすい部分でありますので、ぜひ以下の動画を確認してみてください。

あたまかたひざぽん

日本語、英語ともに非常に有名な遊びです。手だけではなく全身を使うため、手遊びという表現が合っているのかどうかはわかりませんが、少なくとも手でいろいろな部位を指し示しますので、手を使った運動量は確保することができます。歌に合わせながら体のいろいろな部位の名前を知ることができるため、乳児、幼児ともにおすすめできる手遊びです。スピードを変えることで難易度を変えることができますので、年齢に合わせて楽しみ方を変えてみましょう。

ふしぎなポケット

非常に有名な手遊びの一つです。ただ、ビスケットが登場する手遊びは意外と見当たらないため、おやつの時間の前などに活用できる手遊びかもしれません。手拍子を打ちながら遊ぶため、リズムを感じながら楽しむことができます。また、ひとつ、ふたつ、みっつといった数え方にも触れることができるため、数え歌としても活用することができます。

ちゃつぼ

伝統的な手遊びの一つであり、わらべうたとしても広く知られています。昔から親しまれていることもあり、幅広い年代の人が知っているため、高齢者から子どもまで一緒になって遊ぶことができます。動き自体はシンプルですが、手を動かすスピードを上げると難易度が高くなるため、発達段階に合わせて難易度を変えることができます。最後の形も決まっているため、急ぎすぎて間違っていないか答え合わせまで行いましょう。

指さん拍手

指を家族に見立てて遊ぶ手遊びです。5本指のそれぞれをお父さん、お母さん、お兄さん、お姉さん、赤ちゃんに見立てて遊びますので、指の区別ができるようになっていきます。また、あたまやほっぺ、おなかに触れる仕草もでてきますので、体の部位の名前も学ぶことができます。低年齢児におすすめの手遊びです。

小さな庭

植物を育てる過程を楽しむことのできる手遊びです。小さな庭から大きな庭までの歌があり、それぞれの庭で大きさの違う種を育てていきます。手遊びから体全体を使った遊びに発展することもできるため、1番から3番まで通しですると違いを楽しむことができます。擬音語(オノマトペ)を使いながら、種が育っていく様子を表現してみましょう。

さかながはねて

さかなが跳ねて、いろいろなところにくっつく手遊びです。短い手遊びですので、保育の前やお話を聞く前などに少し遊ぶことができます。また、膝にくっついたところでおしまいにすれば、よい姿勢で次の活動に移ることができます。おくちやおしり、めがねなど、いろいろなところにさかなをくっつけて遊んでみましょう。

大きな栗の木の下で

知らない人はいないのではないかと思うほど、非常に有名な手遊びの一つです。ゆったりとした曲調に合わせて遊ぶため、乳児にも親しみやすい遊びです。手の動きも簡単な動きが多いため、手遊びに触れ始めた段階の子ども達にはぴったりの遊びと言えます。昔から親しまれてきた遊びですので、手遊び入門として親子で楽しんでみてはいかがでしょうか。

おべんとうばこのうた

昔から親しまれている手遊びの一つです。お弁当にいろいろな食材を詰めていく手遊びですが、食材の名前はもちろん、数の概念にも触れることができるようになっています。2(にんじん)、3(さくらんぼ)、4(しいたけ)、5(ごぼう)といったかたちで、食材と数が関連していますので、自然と複数の知識を学ぶことができます。お弁当箱の大きさを変えたり、中に入れる食材を変えたりしながら、アレンジも楽しんでみましょう。

やきいもグーチーパー

非常にメジャーな手遊びの一つです。じゃんけんに使うグー、チョキ(チー)、パーを手遊びに合わせて学ぶことができます。ポップな曲に合わせて遊べるため、主活動の前などに行うと楽しい雰囲気をつくることができます。じゃんけんに慣れていない発達段階や、やきいもに関わることがあった場合にはぜひ活用したい手遊びです。

5つのメロンパン

数の概念に触れることのできる手遊びです。メロンパンを買いながら1~5の数に触れることができます。曲の中で非常に高い音程が出てきますので、男性の方は最初の音を上げすぎないよう注意しましょう(動画は男性が歌っているためぜひご覧ください)。お買い物につながるセリフも出てきますので、物を買う時の疑似体験としても活用できます。メロンパンはもちろん、パンに触れる機会があったら活用した手遊びです。

むすんでひらいて

乳児から楽しむことのできる非常に有名な手遊びの一つです。基本的にグーとパーができれば遊ぶことができますので、指を自由に動かせる段階でなくても遊ぶことができます。そのため、最初に遊ぶ手遊びとして非常におすすめです。優しい曲調でもありますので、乳児の時からぜひ歌って、遊んで見せてあげましょう。

フルーツパフェ

フルーツパフェを作るためにいろいろな果物に触れられる手遊びです。両手を使って数も数えるため、7、8,9といった大きな数にも触れることができます。大きな数に触れられる手遊びは意外と少ないため、片手で表現できる数に慣れてきたころに活用するとよいかもしれません。手の動きが速い部分がありますので、最初はゆっくり遊んでみましょう。

ミックスジュース

いろいろな果物が出てくる手遊びです。原曲はアメリカ民謡の「Ten Little Indians(10人のインディアン)」になっており、果物に合わせて顔のいろいろな部位に触れる遊びです。そのため、顔の部位の名前を覚えるのに適した遊びです。もちろん、果物の名前にも触れるため、給食等に果物が出たときには活用してみてはいかがでしょうか。

りんごがごろごろ

果物、野菜が豊富に登場する手遊びです。「グーチョキパーでなにつくろう」の曲に合わせて遊ぶため、アレンジバージョンとしても活用することができます。歌詞についてはいろいろなバージョンがありますので、大人が一番しっくりきた歌詞を採用してもらえたらと思います。子ども達が苦手とするピーマンやしいたけなどもでてきますので、食育につなげてもよいかもしれません。

まつぼっくり

昔から親しまれている手遊びの一つです。手遊び自体が簡単な動きで構成されているため、低年齢児におすすめの遊びです。左右上下に手を動かすため、軽く体を動かすためにも適した遊びと言えます。松ぼっくりがみられる秋から冬の季節に合わせて活用し、まつぼっくり探しなどにつなげても良いかもしれません。

バスごっこ

近くの人とスキンシップを取りながら楽しめる遊びです。乗り物系の手遊びは男の子に特に人気があり、この手遊びも例外ではありません。お隣さんとスキンシップをとったり、おしくらまんじゅうをしたりと、近くの人と触れ合いながら楽しむことができるため、複数人で遊ぶ際におすすめです。もちろん、1人でも楽しむことができますので、バスに乗っていろいろなところに出かけてみましょう。

やまごやいっけん

ウサギを助けてあげる手遊びです。アメリカの民謡が原曲となっていて、リズムよく歌うことのできる遊びとなっています。ストーリー性のある手遊びとなっているため、3番まで物語として楽しむこともできます。動画にもあるように、慣れてきたら少しずつ歌のスピードを速くしてみると難易度を上げることができます。手遊びを通して、ウサギを守ってあげられるヒーローになりきってみましょう。

大阪うまいもんのうた

大阪を舞台にした手遊びとなります。原曲はアメリカ民謡となっているのですが、特定の地名が出てくる珍しい手遊びです。たこやき、ぎょうざ、おこのみやき、ぶたまんといった大阪名物が登場します。どれも日常的に食べられる品であるため、子ども達も親しみやすいのではないかと思います。リズムにのりながら、大阪のおいしい食べ物で楽しみましょう。

コンコンぎつね

きつねを表現しながら楽しむ手遊びです。手袋シアターなどにもよく使われる手遊びであり、キツネの形が多少難しいかもしれませんが、手の形の変化はそれほど多くないため、低年齢児にも楽しめる手遊びとなっています。ポケットモンスターに出てくる「ピカチュウ」バージョンも人気があるため、ピカチュウに変えて遊んでみても良いかもしれません。

トコトコトコちゃん

二本指を使って、手が歩くしぐさで楽しむ手遊びです。曲自体は非常に短く、乳児のベビーマッサージ代わりに遊ぶこともできます。子どもと一緒に楽しむというよりは、子どもの体にトコちゃんを連れて行ってあげて、体のいろんなところを散歩するという形が良いかと思います。トコちゃんが異動しているとき、子どもはむずむずするかもしれませんが、それも含めて親子で楽しんでみてはいかがでしょうか。

おはなしゆびさん

最近は少し聞く機会が減ったかもしれませんが、非常に有名な手遊びの一つです。指を家族に見立てて紹介していく遊びで、指の区別をするためにはおすすめの手遊びです。他にも指の役割を区別する手遊びはありますが、不動の人気を誇る遊びといっても過言ではありません。他の遊びと併用しながら、指を楽しく区別しましょう。

おべんとバス

たくさんの食材が登場する手遊びです。手遊びの中でも1位、2位を争う食材の数かもしれません。しかも、1から10までの数に関連した食材が登場するため、数え歌としても活用することができます。少しマニアックな食材もありますが、1から10の数字すべてに触れる手遊びは少ないため、学習にもつながる手遊びと言えます。

なっとうのうた

非常にシンプルであり、なっとう一色ともいえる手遊びです。登場する言葉の数も多くなく、なっとうの種類が挟まっているくらいですので、覚えやすい手遊びと言えます。シンプルが故に頭から離れなくなることがあり、なっとうが食卓に出た日にはこの歌が活躍しそうです。栄養満点の食材ですので、楽しく食べられるようにするためにも、手遊びで遊んでみてはいかがでしょうか。

3びきのこぶた

有名な物語を曲に合わせてたどっていく手遊びです。物語自体を知っている人は多いかもしれませんが、手遊びを知る人はそれほど多くないかもしれません。曲に乗せることで物語自体の把握も進みますので、絵本と合わせて活用したい手遊びです。絵本がない場合はぜひ手遊びで物語を楽しみましょう。

こぶたさんが家を建て

「3びきのこぶた」の物語を追っていく手遊びです。3びきのこぶたを題材とした手遊びは他にも存在しますが、こちらの歌も違った曲調で楽しむことのできる遊びです。物語を追うということで、絵本などと合わせて活用するとさらに効果的といえます。有名な物語ですので、ぜひ絵本などと合わせて遊んでみましょう。

いっちょうめのドラねこ

ねことねずみが登場する手遊びとなります。ねこが登場するときに指を使いながら遊ぶため、指遊びの要素も含んでいます。ねことねずみは遊びに登場することの多い動物ではありますが、「ねことねずみ」といった遊びも存在するように、他の遊びと関連付けがしやすい遊びでもあります。他の遊びと併用しながら遊んでみましょう。

うさぎさんよくみてね(いっぴきのうさぎさんが)

うさぎが主人公となる手遊びです。数の概念に触れながら歌詞が進むため、数え歌としても活用することができます。数え歌の中でも1から10までの数に触れられる歌は限られますので、発達段階の進んだ子にも有効です。様々な場面で活用してみましょう。

ぞうさんとくものす

ぞうがくものすで遊ぶというとてもユニークな手遊びです。1から5の数もでてくるため、数え歌としても活用できます。現実にはありえないことかもしれませんが、このような非現実的な内容を想像しながら遊ぶのは子ども達にとって非常に大切なことと言えます。表現遊びなどと合わせながら楽しみましょう。

ぶたがみちをいくよ(ぶたのぶんちゃっちゃ)

ぶたが道、空、海などを冒険する遊びとなります。いろいろなものにぶつかりそうになりながらも進んでいく物語です。リズムが独特ですので、少し息継ぎが難しいかもしれません。その場合は歌のスピードを遅くして遊んでみてください。「ぶんちゃっちゃ」というフレーズが可愛らしい歌ですので、みんなで踊りながら楽しみましょう。

かわずの夜回り

かえるが主人公の手遊びです。出てくるフレーズはオノマトペ(擬音語)が中心となるのですが、手遊びとしては難しい部類に入るのではないかと思います。最後まで間違えることなくやり終えるのは非常に難しいため、最初はゆっくりやってみましょう。難易度が高いぶん、年齢が上がっても挑戦できる遊びの一つですので、5、6歳児を中心に遊んでみましょう。

今回はできるだけたくさんの手遊びを紹介してみました。前編をご覧いただいていない方は、前編と併せてご覧いただけたらと思います。まだまだ手遊びはたくさんあるかと思いますので、随時更新していきたいと思います。図鑑のような感覚で利用してもらえたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました