スポンサーリンク

1歳児におすすめ!!いろいろな運動遊び~ボール・鬼・表現・固定遊具・フープ・縄・マット~

スポンサーリンク

今回は1歳児におすすめの遊びを7つの種目別に紹介したいと思います。

紹介する7種目は「ボール・鬼・表現・固定遊具・フープ・縄・マット」に関する遊びです。基本的な遊びを中心に紹介していますので、新しい発見はないかもしれませんが、1歳児にできる遊びってどんな遊びがあるの?と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。(2~3歳児、4歳児、5歳児についての遊びも別の記事で紹介していますので、興味がある方はチェックしてみください。)

今回は2~3歳児におすすめの遊びを7つの種目別に紹介したいと思います。 2~3歳児は1歳児と比べて運動の幅がかなり広がります。...
今回は4歳児におすすめの遊びを7つの種目別に紹介したいと思います。 4歳児になると道具の使い方にも慣れ、いろいろなスポーツに必...
今回は5歳児におすすめの遊びを7つの種目別に紹介したいと思います。 5歳児になると個人の遊びに加え、集団での遊びも非常...
①ボール遊び

・ボール転がし

 手や足でボールを転がし、慣れてきたら、転がしたボールを追いかける遊びです。最初はボールに触れるだけで構いません。ボールに触れ、ボールが転がっていく楽しさを覚えたら、徐々に両手で転がしたり、蹴ったりしてみましょう。道具を自分の力で移動させるという感覚を知ることができます。

・ボール渡し

 ボールを友達や保育者と渡し合う遊びです。ただ渡すだけですが、できるだけ落とさないように渡すことがポイントです。落としてしまったらコチョコチョなど、簡単なペナルティを設定してもよいでしょう。

・ボールキャッチ

 転がってきたボールや、渡されたボールを持つ遊びです。ただキャッチするだけでなく、キャッチした後におなかの下に入れたり、抱っこしたり、寝たりしてみると、遊びに発展性をもたせることができます。

②鬼遊び

・おいかけっこ

 ただの追いかけっこです。1歳では鬼遊びまで発展することは難しいですが、追いかけっこは鬼遊びの重要な原型となります。そのため、保護者や保育者と追いかけられたり、追いかけたりすることを繰り返すことによって、鬼遊びに必要な体の使い方を学ぶことができます。

・さがしっこ

 こちらはかくれんぼと読み替えてもらっても構いません。鬼ごっこからは少し離れてしまいますが、1歳だと少しずつ隠れたり、見つけたりすることができるようになってきます。特に、見つけるという能力に関しては急激に伸びてくる時期でもありますので、大人が隠れて、それを探してもらうという構図がおすすめです。もちろん、子どもが隠れようとすれば、見つけてあげてください。

③表現遊び

・まねっこ遊び(人)

 大人の表情や動きをまねして遊びます。子どもはまねをしながら様々なことを学びますので、大人がいろいろな表情、動きをして、見せてあげることは子どもの学びに直結します。最初は動かなくてもよい表情のまねなどから、徐々に動きを大きくしていきましょう。

・まねっこ遊び(動物、乗り物、食べ物など)

 人をまねた後は身近にいる動物や乗り物、食べ物などをまねてみましょう。動物や乗り物は特徴があるためまねしやすいかもしれませんが、ぜひ食べ物もまねてみましょう。完全に再現することは求めていないので、食べ物の特徴をつかみながらまねをすることを楽しみましょう。

まねっこ遊びについては過去にも記事を書いているので、その有効性や他の遊び(少し年齢が上の子供向けですが)について知りたい方は以下の記事をご参照ください。

今回は未満児(3歳未満)の子どもから大人まで、幅広い年齢の方が楽しめる「まねっこ遊び」について紹介したいと思います。まねっこ遊びには多くのメリットがあり、子ども成長に最適な遊びとなります。遊びながら表現することの楽しさを味わいましょう。
④固定遊具遊び

・ブランコ

 ブランコは1歳児に少し早いと思われるかもしれません。確かに、一人で乗るのは危険です。そのため、座面だけがぶら下げてあるブランコではなく、座椅子がカップ状になっているブランコがあれば、1歳からでも乗ることができます。場所が限られるかもしれませんが、カップ状の座椅子がついているブランコがあれば、ぜひ遊んでみてください。日常では経験することできない感覚を感じることができます。

・すべり台

 すべり台も子ども一人で滑らせるのは危険ですが、大人と一緒であれば非日常的な感覚を感じることができます。理想としては、横幅が広く、滑る距離が短いすべり台が安全ですが、そのようなすべり台に限らず、膝の上にのせて一緒に滑ってみたり、横から支えて滑ってみたりして遊んでみてはいかがでしょう。慣れてきたら、うつ伏せや仰向けの状態で滑ってみることもできます。

⑤フープ遊び

・電車遊び

 フープの中に入り、フープをもちながら歩き回る遊びです。一人でも楽しめますが、他の人と一緒にフープに入ったり、フープを握ることで連結したりして遊ぶことができます。音楽を活用すると、より電車になった気分で楽しめます。

・追いかけっこ

 転がしたフープを追いかける遊びです。鬼遊びと違い、追いかける対象がフープになるため、どこに行くかわかりません。ふらふらしたフープやまっすぐに転がるフープを追いかけながら、いろいろな方向に歩く練習ができます。

・くぐり遊び

 誰かにフープを持ってもらい、フープの中をくぐる遊びです。1歳児はトンネルや狭い場所を好みますので(個人差はありますが)、フープをくぐるという動作にも楽しみながら取り組みます。大きなフープや小さなフープがあれば遊びの幅を広げることができます。

⑥縄遊び

・縄歩き

 縄に沿って歩いていく遊びです。縄をいろいろな形にして置き、その縄の上を正確に沿って歩くことで、立ち歩きの技術を高めることができます。ぐるぐる模様やへびのようにグニャグニャした形など、いろいろな形の縄を用意して、歩いてみましょう

・ひっぱりっこ

 縄を引っ張り合う遊びです。ものを思い切り「引く」という動作は日常生活にそれほどありませんので、この遊びを通して力強く引く、ということを経験させることができます。

・縄くぐり、縄またぎ

縄の下をくぐったり、縄の上をまたいだりする遊びです。1歳では縄をくぐることはできても、またぐことは難しいかもしれませんが、成長に合わせてまたぐことも経験させてあげましょう。縄を何本か用意し、複数本の縄に当たらないように進む遊び(蜘蛛の巣、忍者修行などと呼ばれます)も人気があります。

マット遊び

・転がり遊び

 自分で転がったり、大人に転がしてもらったりしながら、自由に転がる遊びです。頭から縦に回る(前転)ような回り方は難しいですが、横に転がる鉛筆転がりのような転がり方であれば、自分でも楽しむことができます。布団の上などで遊びを楽しめます。

・上り下り

 マット重ねたり折ったりした段差で、上ったり下りたりして遊ぶことができます。マットをくるめてロール状にしてもいいでしょう。上ったり下りたりという動作は歩行訓練にもなり、段差に慣れるという意味でも安全に遊ぶことができる遊びです。

・コアラ

 マットの上で保育者が四つん這いになり、子どもがお腹側に抱き着いた状態で移動する遊びです。子どもが一人で大人に抱き着くことができないと難しい遊びですが、その条件がクリアできれば、筋力も必要とする面白い遊びとなります。落ちたときに頭を打つ可能性があるため、必ずマットの上で行いましょう。

以上、1歳児におすすめする遊びを7つの種目別に紹介しました。1歳児はできることがまだ限られてしまうため、簡単な遊びに感じるかもしれませんが、どれか一つでも参考になる遊びが見つかれば幸いです。