スポンサーリンク

大谷選手がサイクルヒット達成!!

スポンサーリンク

2019年6月13日(木)(日本時間14日)、大谷翔平選手がフロリダ州のセントピーターズバーグで行われたレイズ戦に「3番・DH」で出場し、サイクルヒットを達成しました!!
おめでとうございます!!

完全なる雑記となりますが、これは大変な偉業なので書かずにはいられません!!
このサイクルヒットがどれほどすごいことなのかまとめてみました。


①サイクルヒットとは

そもそも、サイクルヒットとは何なのでしょう。
サイクルヒットとは、1人の選手が1試合の中で単打(シングルヒット)、二塁打(ツーベースヒット)、三塁打(スリーベースヒット)、本塁打(ホームラン)を全て打つことを意味します。そのため、サイクルヒットが生まれるための条件としては、

①最低でも4打席に立たなくてはならない(打順が後半でチーム全体のヒットがうまれなければ4回も打席が回ってこない可能性もある)。

②最低でも4安打打たなければならない。

③到達する塁が異なる安打を4本打たなければならない。

最低でもこの3つの条件を満たさなければサイクルヒットとはならないということになります。

本塁打や単打はともかく、二塁打や三塁打は打った打球の行方に加えて、打者の足の速さも重要となってきます。そのため、ただ打つことができれば達成できるというものではないのです。
もちろん、個人の能力だけでなく、様々な要素が重なっていることは事実ですが、4種類の安打が打てる打撃力に加え、優れた走力も備えている大谷選手だからこそ達成できた偉業といえます。


②メジャーリーグにおける日本人初の達成者

これまでイチロー、松井秀喜、城島健司、青木宣親など、MLBで活躍した日本人打者は過去にもいたものの、サイクルヒットを達成したのは大谷選手が初となります。
日米通算4367本の安打をはなっているイチロー選手でさえ、MLBではサイクルヒットを達成したことがありませんでした。殿堂入りが確実視されているレジェンドでさえです。それを2年目で達成してしますのですから、大谷選手が成し遂げたサイクルヒットは偉業ということができるでしょう。


③球団史上7人目、8度目の快挙

7人目、8度目という言葉を見ると、なんだ過去にも全然いるじゃないか、と思うかもしれませんが、1961年の球団創設以来、57年間で達成した人が7人しかいないのです。その7人目が達成した瞬間を見られるいうのは幸運なことではないでしょうか。(直近では、2013年にマイク・トラウト選手が達成しています。)
エンゼルスでは7人の達成者がいますが、マーリンズなどではまだ1人も達成者がでていません。

世界最高峰のメジャーリーグでサイクルヒットを達成するということのすごさが改めて感じられます。


④新人王獲得とサイクルヒットを達成した16人目の選手

大谷選手は昨年の新人王を獲得しており、新人王を獲得したかつサイクルヒットを達成した選手はメジャーリーグ史上15人しかいませんでした。そして、16人目の達成者となったのが大谷選手です。

まず、新人王を獲得した選手が限られることと、新人王を獲得した後にサイクルヒットを打つという困難さから、1876年から始まったとされるメジャーリーグ史上でも、記録が残っている限り16人しか達成者がいません。


⑤指名打者として6人目の快挙

指名打者(DH)としてサイクルヒットを達成したとなると、さらに人数が減り、大谷選手を含めても6人しかいません。
140年近い歴史をもつメジャーリーグの中でも、非常に達成価値の高いことがわかります。


⑥投手として2勝以上、打者としてサイクルヒット達成者は史上2人目

投手として2勝以上をあげており、かつ、打者としてもサイクルヒットを達成しているのは1900年以降、ジョージ・シスラーただ1人だけです(5勝、サイクル2度)。
2019年シーズンは打者に専念することとなっているため忘れてしまいそうですが、大谷選手は165kmを投げる投手でもあります。来シーズンにまた二刀流で試合に出場し始めるのが待ち遠しいですね。


※達成できなかった記録

達成したサイクルヒットは上記のようにとんでもない記録が並んでいるのですが、逆に達成できなかった記録もあります。それは「先発投手としてサイクルヒットを達成」すること。1888年にシカゴ・ホワイトストッキングスのジミー・ライアンが投手としてサイクルヒットを達成していますが、ジミー選手は外野手として先発しており、先発投手ではなかったのです。そのため、大谷選手が今回先発として出場していたら・・・という声も上がっているようです。
ただ、来シーズンからは投手としての復帰も果たしてくれる予定ですし、先発投手でサイクルヒットどころか、ノーヒットノーランとサイクルヒットを達成した史上初の選手として、名を刻んでくれるのではないでしょうか。


今回は大谷翔平選手のサイクルヒット達成が嬉しすぎて、その偉業を皆さんにも知ってほしいがあまり、紹介してしまいました。
また、運動遊びを中心に雑記や運動・健康についても更新していきたいと思いますので、よかったらチェックしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする