スポンサーリンク

身長を伸ばすために試したこと

スポンサーリンク

今回は155cmの私が身長を伸ばすためにこれまで試してきたことを紹介します。おわかりかと思いますが、「身長155cmの私」が紹介するということは、効果が見られなかったということになりますので、ネタとして見てくれたら嬉しいです。


①牛乳を毎日1L飲む

年単位で続けていたわけではないため、効果のほどはわかりませんが、少なくとも一般の人よりかは摂取していたと思います。学校の牛乳に加え、家に帰ってから1Lパックを飲み干すようにしていました。


腹を下すだけでした。


人によっては効果があるのかもしれませんが、少なくとも、ここにいる人間には効果がなかったという結果になりました。


②背が伸びるサプリを飲む

いくつも試していたため、サプリの名前は忘れてしまったのですが、だいたい「セノビール」や「ぐんぐん」などのキャッチコピーがついていたと思います。


おいしいグミでした。


ただ、それだけです。おいしいグミならそこら辺のスーパーにも売っていますが、その10倍の値段を出して、おいしいグミを買っていただけです。無論、効果は感じることはできませんでした。


③鉄棒にぶら下がる

鉄棒に数分間ぶら下がることを繰り返していた時期がありました。もちろん、それほど長くぶら下がり続けることはできませんでしたので、3分くらいを数セット繰り返していた程度になります。


いいストレッチになりました。


何度もやっていると、体の伸ばし方というか、関節の伸ばし方というのでしょうか、そういった動作が身につき、心地よいストレッチと感じるようになっていました。伸ばした直後は多少伸びていたかもしてませんが、身体計測の時には元に戻っていたようです。


④O脚強制ソールを靴の中に入れる

もう身長そのものではなく、骨格を整えることで身長を伸ばそうという考えに至った時期です。私はO脚、がに股であったため、両膝の内側がつかず、離れていたこともあり、このO脚強制に一縷の希望を抱いていました。


O脚すら直りませんでした。


ソールを入れると、若干内股で歩くような傾斜が靴の中にうまれるため、これはいけると思ったのですが、内股に慣れた頃、O脚に変化がないことに気づきました。そして、ソールが擦れ、削れてきた頃に効果がないことを悟りました。


⑤初詣でお願いする

物理的に無理なら、神に頼むしかない。元々無宗教で神仏は信じていないのですが、初詣などで神社に行くことは好きですので、毎年初詣で身長が伸びるように祈っていました。


効果があったらこの世は巨人だらけです。


お願いするということに満足して、帰ってきただけでした。まぁ、その時の悩みが一瞬でも緩和されたことを考えると、精神衛生上、ある意味効果はあったのかもしれません。

まだまだ身長を伸ばすためにやってきたことはあったかもしれませんが、どれも効果がなかったため現在155cmで生きております。様々なことに取り組み、調査を重ねた結果、身長に関わる第一要因は





遺伝子(DNA)




ですね。うちの家族は父親が170cm、母親が155cmで特段低いというわけでもなく、兄弟は183cmの弟、165cmの妹いますので、むしろなぜ自分だけこのような仕打ちを受けることになったのか不思議なくらいなのですが、遺伝情報的に身長が小さく設計されていたのだと思います。よくよく考えてみると、幼稚園児のときから身長順で前から3番目以降になったことがありませんでしたから、元々小さかったのかなと思います。(兄弟は常に後ろに並んでいました。)



結果的に、身長を伸ばすためにいろいろなことに取り組みましたが、どれも効果を感じられるものはありませんでした。年単位で継続することができれば変わっていたのかもしれませんが、少なくとも、短期間での効果は望めなかったという結果となりました。(一応中学3年間で20cmは伸びましたが、元が小さかったため、最終的に155cmで落ち着きました。)


ただ、負け惜しみにはなりますが、身長が低くて困ったことばかりではなく、身長が低いからこそ得られた成果もありますので、全てを含めて今の自分を形作っているのかなと思っています。

今後も身長ネタに関しては投稿していきたいと思っていますので、身長で悩んでいる方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする