スポンサーリンク

新聞遊びのねらい

スポンサーリンク

今回は新聞遊びのねらいについてお話ししたいと思います。
新聞遊びについても紹介している記事がありますので、そちらと併せて活用してもらえたらと思います。

※過去の新聞遊びについての記事はこちら

新聞紙は生活のあらゆる面で活躍してくれる優れものですが、それは遊びでも変わりません。新聞紙1枚あればここまで遊べるといった、新聞紙を活用した遊びを紹介しています。

新聞遊びは幅広い年齢で楽しまれており、比較的遊びに利用しやすい素材だといえます。しかし、近年は新聞を頼む家庭が減ってきており、各家庭に新聞が当たり前のようにあるという状況が変わりつつあります。そのため、新聞紙を使った遊びを行う際には、保育者があらかじめ新聞紙を準備しておくことをおすすめします。

それでは、ねらいについて考えていきます。


①新聞紙を折ったり、くしゃくしゃにしたり、破ったりする楽しさを感じることができる。

このねらいはシンプルに「新聞紙の形を変える楽しさを味わうことができる」などでもよいと思います。
新聞紙はコピー用紙や折り紙などよりも柔らかく、子ども達が形を変える楽しさを味わうことに適した素材と言えます。そのため、丁寧に折ってみたり、くしゃくしゃにしたり、びりびり破ったりと、自由に形を変えて楽しむことは、一つのねらいとして設定することができます。


②新聞紙を使って遊び方を工夫することができる。

①も含まれる大きなねらいとなります。
少し抽象的ですので、具体的な遊び方を紹介しておきます。

新聞紙の形を変える前後どちらでもかまいませんが、新聞紙を投げたり、蹴ったり、上に載ったり、落としたりと、新聞紙を使うことで遊びの幅を広げることができます。
ボールが使えない室内でも、新聞紙で作ったボールなら投げたり蹴ったりしても周りの環境を壊す可能性も低くなったり、新聞紙を高いところからふわふわと落とすだけでも楽しむことができたりと、新聞紙を活用する方法はたくさんあります。
子ども達が自分の好きなように新聞紙を使い、遊ぶことができていれば、十分ねらいは達成できたといえるでしょう。


③新聞紙を体に張り付けながら移動することができる。

年齢によっては少し高度なねらいとなります。
新聞紙を風圧だけで体に張り付けながら歩いたり、走ったりするというねらいです。このねらいを達成するためには、少なからず移動をしなければならないため、立ち歩きができる年齢以上の子どもが対象となります。そして、体に新聞紙を張り付けたまま移動するためには、ある程度のスピードも要求されるため、このねらいを達成することができれば、「歩く」もしくは「走る」といった動作がほぼ思い通りにできていると判断できます。
最初は新聞紙をつかみながら行い、慣れてきたら新聞紙をつかまずに風圧だけでできるようになるとよいですね。


④新聞紙の写真や文字に興味をもち、文字をさがしたり、写真を眺めたりすることができる。

このねらいも、年齢がある程度高い幼児向けのねらいになります。
文字に関しては「文字が読める」ということが興味を左右する大きな要因になりますが、新聞紙に何か書いてある、絵や写真も載っている、ということが気になり、興味をもつだけでも知的好奇心を刺激するきっかけにはなるかと思います。
文字が読める段階であれば、文字探しをして遊ぶこともできます。
興味をもって、「新聞を見る」という姿が見られれば、このねらいは達成したといえるでしょう。


⑤新聞紙を利用してコミュニケーションをとることができる。

新聞紙の上に複数人で載ったり、新聞紙を一緒に破ったりと、新聞紙はコミュニケーションツールとしても活用することができます。2人でのコミュニケーションはもちろん、多人数でコミュニケーションをとる場合にも有効です。
布団にしてみたり、服をつくってみたり、ボールとして遊んでみたりと、新聞が子ども達のコミュニケーションツールとして活用できていれば、ねらいは十分達成したといえるでしょう。


⑥新聞紙で遊ぶときの触感や音、におい、色などの五感を働かせた発見をすることができる

少し硬い感じがするので「新聞紙のにおいを感じることができる」「新聞紙の柔らかさや硬さを感じることができる」など、細かく分けてねらいを設定してもよいと思います。
基本的には、遊びの中で味覚を除く五感を働かせることができていればねらいは達成となりますので、新聞紙の特徴に気付くことができた子はもちろん、特徴を生かした楽しみ方ができた子もねらいが達成されているといえます。

今回は、新聞紙を使った遊びのねらいについて考えてみました。運動遊びに特化せず、新聞紙を使った遊び全般でねらいを考えましたので、運動とは関連しないねらいが多くなっていますが、ご了承ください。

新聞遊びに関しては、細かく設定すればかなり詳細なねらいを設定することもできますので、そのぶん、いろいろな力や特性を伸ばしてあげることができます。

子ども達の年齢や発達段階などの実態に合わせて、適切なねらいを検討してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする