スポンサーリンク

鬼ごっこは最強の運動遊び

スポンサーリンク

今回お話しするのは「鬼ごっこは最強の運動遊び」ということについてです。

この投稿を見てくれている人の中で、鬼ごっこをしたことがない人はいるでしょうか。

おそらく、病気や怪我といった特別な理由がない限りほとんどいないのではないかと思います。それくらい、鬼ごっこというのは人々の生活の中に溶け込んでいる遊びです。

では、どのような点で鬼ごっこは優れているのでしょうか。


①運動量が豊富

鬼ごっこは相手を追いかけて捕まえる遊びです。相手よりも速いスピードで追いかけなければ捕まえられないため、おのずと全力で走ることとなります。しかも、場合によってはストップ&ダッシュを繰り返すため、体への負荷は相当強いものとなります。

もちろん、鬼になったり、鬼から追いかける機会が少なければ運動量も少なくなりますので、人数が少なければ少ないほど、運動量は豊富になるといえるでしょう。


②「身のこなし」が自然と身につく

「身のこなし」というとわかりづらいかもしれませんが、自分の体の動かし方と捉えてもらえたらよいでしょう。巧緻性と言ったりもします。ようは自分の体が思い通りに動かせるかどうか、ということです。

鬼ごっこでは、相手がまっすぐに走ってくれるわけではありませんので、速度の強弱、方向転換など、いろいろな走り方で追いかけることとなります。そうすると、自然と身のこなしが上手になり、急な方向転換や急停止、急発進にも対応できるようになります。


③道具が必要ない

鬼ごっこはスペースさえあれば、身一つでどこでも遊ぶことのできる遊びです。道具を作ったり、使ったりする必要がないため、誰でもすぐに遊ぶことができます。


④状況判断力が身につく

鬼が今どこにいて、誰を狙っていて、自分との距離はどのくらいで、などといった様々な状況、空間を把握しながら遊びが進んでいくため、無意識ながらも「今どのような動きが最適か」といった状況判断をする力が身につきます。


まだまだ鬼ごっこが最強の運動遊びである要素はたくさんあると思いますが、大きく分けるとこの4つに集約されるのではないかと思います。何より、子ども達は時間と体力と空間さえあれば、追いかけっこが自然とはじまり、いつのまにか鬼ごっこが始まっていることが多々あります。それほど自然に、楽しく遊べる運動遊びは鬼ごっこをおいてほかにないと思われます。

では、ここでいくつかの鬼ごっこを紹介したいと思います。純粋な鬼ごっこだけでも十分楽しめますが、いろいろな種類の鬼ごっこを取り入れると、飽きることなく楽しめるのではないかと思います。


●氷鬼

鬼からタッチされたら氷になり、動けなくなる鬼ごっこです。鬼以外は氷になっている仲間をタッチすることで氷を溶かすことができます。鬼は全員を氷にすることを目指し、鬼以外は全員が凍らされないようにする遊びです。鬼の人数が少なすぎると永遠に終わらない地獄の鬼ごっことなってしまうため、鬼の数を逃げる人の3分の1程度に設定するとよいでしょう。鬼の数が少ない場合は時間を決めてあげましょう。

※氷鬼の亜種として、「バナナ鬼」という遊びも存在します。タッチされたら頭の上で両手を合わせてばななになります。バナナになったらその場から動くことができず、仲間に1度タッチされたら片方の皮(手)が剥け、2回タッチされたらバナナから元に戻ることができます。鬼がなかなか逃げる人を捕まえられないときには、解除までに時間がバナナ鬼がおすすめです。


●高鬼

鬼以外の人が地面よりも高い場所に上ると、タッチできなくなる鬼ごっこです。高低差のある遊具などで特に楽しむことができます。しかし、高いところにいられる時間を決めてあげないと、鬼にとってはクリアのできない無理ゲーとなってしまいますので、高いところにいられる時間を5秒~10秒程度で設定してあげるとよいかと思います。


●手つなぎ鬼

鬼にタッチされたら手をつないで、鬼の仲間が増えていく遊びです。手をつなぐため、鬼の動きは正直遅くなっていきますが、鬼の「壁」がどんどん大きくなっていくため、最終的には部屋の隅に逃げている人が追い詰められる、という図になりやすいです。手をつなぐということで触れ合いがうまれるため、お互いが初対面であったり、まだ信頼関係が築けていない時期の遊びとして有効です。


●けいどろ

警察と泥棒を略した呼び名の遊びです。地域によっては「どろけい」ということもありますが、ルールは変わりません。警察と泥棒に分かれ、警察側は泥棒を捕まえる役、泥棒は逃げ回る役となります。泥棒は警察に捕まったら「牢屋」と呼ばれる警察の陣地に連れて行かれます。しかし、泥棒が「牢屋」にいる仲間にタッチすることができれば、その泥棒は「牢屋」から脱出することができます。警察は泥棒を全員捕まえたら終わりですが、泥棒にとっての終わりがないため、制限時間を設定してあげるか、警察の陣地の近くに宝をつくってあげると、泥棒側も目的をもって遊びを楽しむことができます。見張り役やおとりをつくるなど、戦略性のある鬼ごっこといえます。


●ことろことろ

元々は「子とろ子とろ」という遊び名で呼ばれていたため、少し怖い遊びですが、運動量は抜群にある鬼ごっこです。鬼以外の人が「親」となって列をつくり、その列の一番後ろの人が「子」となります。列は前の人の方に手を乗せてつくります(列をつくっている手が離れてしまうと鬼の勝ちとなります)。鬼と親の先頭の人が向かい合い、鬼は「子」を目指して、親は子に近づけさせないように守ります。左右のストップ&ダッシュが基本の動きとなるため、敏捷性を中心に養うことができます。バスケットやハンドボール、サッカーなどの相手を「抜く」という動作が含まれるスポーツには非常に大切な動きとなります。


他にも色鬼、ライン鬼、しっぽ取りなど、鬼ごっこを原型とする遊びはたくさんありますが、子どもの年齢、人数、場所の大きさなどによって、いくらでもアレンジを加えることができるのが鬼ごっこです。運動量も十分に確保することができ、ルールもシンプルであるため、誰もが楽しみながら運動に触れることができます。

大人も子どもも遊びに迷ったら、ぜひ、「最強の運動遊び」である鬼ごっこで遊んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする