スポンサーリンク

フラフープ遊びのねらい

スポンサーリンク

今回はフラフープ遊びのねらいについて考えていきたいと思います。

フラフープは痩せることを目的として、ダイエットなどで使われることの多い道具ですが、子ども達の遊び道具としても大人気の道具です。そのため、多くの幼稚園や保育園で活用されています。小さい頃にフラフープで遊んだ記憶のある人は多いのではないでしょうか。

フラフープ遊びについては過去にも記事を書いていますので、よかったらそちらもご覧ください。

フラフープを使った遊びを紹介しています。フラフープは1人はもちろん、複数人で協力して楽しめる遊びも豊富なので、子どもだけでなく、大人のアイスブレイクにも有効です。お互いのことをもっとよく知るために、フラフープを使った遊びを体験してみましょう。

それでは早速フラフープ遊びをおこなう上でのねらいについて書いていきたいと思います。

①フープの中に入ったり、フープの外に出たりすることができる

フープは円形をしていますので、内側と外側が分かれています。そのため、フープの中に入ったり、フープの外に出るというだけでも、空間的に内と外を認識することができます。「しまおに」などの安全地帯に使ったり、遊びの中での目印として使ったりするなど、活用方法は多岐にわたります。
意識的にフープの中に入ったり、フープの外に出ることができればねらいは達成できたといえるでしょう。


②フープの使い方を工夫することができる

フープは投げたり、くぐったり、まわしたり、転がしたりと、多様な使い方ができる道具です。そのため、遊びの幅を広げやすく、大人を含めた幅広い年齢層で楽しむことができます。また、遊びの幅が広いということは、遊びを考えたり、実践したりできる幅も広いということでもあります。これは、子ども達の自由な発想をイメージ通りに実現することができ、遊びに対する満足感を高めることにもつながっていきます。
包括的なねらいであるため、自分でフープを活用しながら遊ぶことができていれば、ねらいは達成されたと判断できます。


③フープをいろいろな部位で回すことができる

②のねらいと重なる部分はありますが、フープの使い方を「回す」ことに限定したねらいとなります。
フープを上手に回すためには、体の動かし方を知り、タイミングよくフープに力を加える必要があります。子ども達は無意識的にフープを回している子もいますが、それは自分の中にある「コツ」を感覚的につかんでいるということになります。そのため、フープを腕や腰、首などのいろいろな部位で回すことができるということは、自分の思い通りに体を動かせるということへとつながっていきます。
複数箇所で回すことができれば何も言うことはありませんが、一箇所でもスムーズに回すことができれば、このねらいは達成できたといえるでしょう。


④フープをまっすぐ転がすことができる

Sovereign Hill Volunteer

このねらいも②に含まれるねらいの一つとなりますが、非常に難易度の高いねらいとなります。フープをまっすぐに転がすという技術は大人でも満足にできないことが多く、特に、前に回転させながら転がすという技術は意外と難しいものです。バックスピンをかけながら、後ろ方向に回転をかけながら転がす方が簡単と感じる人もいるでしょう。
そのため、テープの上をまっすぐに転がすような繊細なねらいではなく、向かいにいる相手にフープが届くくらいの精度をもって転がすことができれば十分な技術が身についていると判断してよいでしょう。
※難しい場合には、「まっすぐ」という文言をとって、転がすことができるというねらいに変えてもよいでしょう。


⑤フープを利用したコミュニケーションをとることができる

フープは1人でも楽しむことができますが、複数人で遊ぶときのコミュニケーションツールにもなります。
フープ送り、フープくぐり、フープダウンなど、複数人で協力して課題をクリアしていく遊びを楽しむことができれば、遊びを通じたコミュニケーションを自然ととることができます。
複数人でのフープ遊びを楽しむことができていれば、コミュニケーションをとることができていると判断してよいでしょう。


今回はフラフープ遊びのねらいについて考えてみました。

フラフープは多くの園や学校においてあり、比較的子ども達が親しみやすい道具であるといえます。しかし、最近ではフープを活用した遊びが減ってきていると感じます。
どちらかというと、遊びに使われるというより、ダイエットのために大人の方に活用されている場面が多く、フープを「回す」以外の活用法で遊んでいる子ども達を見かけなくなったと感じています。

フープは体の使い方を知るために非常に有効な道具でもありますので、休み時間や自由遊びの時間に活用して、フープを使った遊びの楽しさにたくさん触れてほしいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする