大人でも楽しめる縄遊び18選!! ねらいから安全の配慮まで指導案への活用も!!

指導案

今回は縄遊びについて紹介します。

縄遊びは一般的に「縄跳び」をイメージされる方が多いかもしれません。もちろん、短縄、大縄を含めた縄跳びが遊びの中心であることは紛れもない事実だと思います。ただ、縄の活用方法はその他にもあり、特に低年齢の子ども達にとっては、縄遊びを楽しいものと思えるような工夫が必要となります。縄は踏んだり、沿ったり、投げたり、跨いだり、くぐったりといろいろな活用方法があるため、縄跳びに意識を限定してしまうことなく、様々な縄遊びを経験してみましょう。

1歳児

1歳児は縄を含めた道具で遊ぶことにまだ慣れていませんので、まずは縄で遊ぶことに慣れ、縄に親しむということが重要となります。縄遊びは首や体に絡まることがあるため敬遠されがちですが、遊び方に注意さえすれば活動量を十分に確保する遊びとなります。そして、縄での遊びは縄跳びが真っ先に頭に浮かぶかと思いますが、使い方次第では幅広く遊ぶことができる道具です。ぜひ、縄遊びに挑戦してみましょう。

ねらい

①運動に関するねらい

・縄につかまりながら歩いたり、縄をまたいだりする遊びを通して、歩行機能を向上させる。
・縄を引いたり、緩めたりすることで、力の調整の仕方を知る。

②心情に関するねらい

・縄での遊びを介して、保育者とのコミュニケーションを深める。
・縄をまたいで歩くことなどをとおして、集中力を維持する経験を積む。

◎具体的な遊び例

①縄に沿った歩行

いろいろな形で置かれた縄に沿って歩く遊びです。縄というと縄跳びをイメージされる方が多いのかもしれませんが、縄の使い方はほかにもあり、縄を無造作に置くだけでも遊びの道具となりえます。全く同じ形になるということはあり得ないため、いろいろな形で縄を地面に置き、その形に沿って歩いてみましょう。歩行が安定していない1歳児だからこそ、歩行の練習にもなります。

②引っ張りっこ

保護者や保育者と縄を引っ張り合う遊びです。縄でなくとも、ハンカチやガーゼなどでも遊ぶことができます。自分で引っ張ったり、引っ張られたりすることが中心になりますので、大人は引っ張りやすいように力の加減をしてあげることが必要となります。思い切り力を入れる遊びというのはそれほど多くなく、ましてや引っ張るという動きが含まれる遊びはさらに貴重となりますので、何度も繰り返し引っ張って遊びましょう。

③投げっこ遊び

丸めた縄を自由に投げる遊びです。縄は自由自在に形を変えられますので、投げて遊ぶことも可能です。ぐちゃぐちゃにして投げた後、地面に無造作に置かれた縄に沿って歩くというのも良いかと思います。まだまだ投げることは難しいかもしれませんので、大人と一緒に投げる動作を練習してみましょう。

④縄くぐり、縄またぎ

縄の下をくぐったり、縄の上をまたいだりする遊びです。安全面を考え、縄の下をくぐるときは高めに、縄の上をまたぐときは低めに設定して遊びましょう。くぐったりまたいだりする動きを繰り返すことで、体の使い方や身のこなし方が上手になっていきます。保育などの機会がある場合は、ゴム紐をランダムに張り巡らせて、またいだりくぐったりして遊ぶ「くもの巣」という遊びもおすすめです。

◎環境設定

使用する縄は持ち手の部分を外し、縄だけで使用するほうがよいでしょう。1歳児は縄跳びのように縄を回して遊ぶということがあまりありませんので、純粋に「縄」だけを準備してあげましょう。縄が準備できないときは、ゴムひものような伸縮性のある素材を活用するのも良いかと思います。

◎安全への配慮

縄が絡まって転倒しないよう注意しましょう。1歳児は歩行の程度に個人差があり、まだまだ安定した歩行ができていない子が多くいます。そのため、転倒しないような配慮をするとともに、転倒したときのことも考えた場の設定ができると良いかと思います。また、首やお腹に巻きつけて、事故の原因とならないよう注意することも必要です。自分一人の力で締め付けられることはありませんが、どこかに引っかかってしまうと自分では縄をほどくことが難しい年齢です。目を離さないよう注意するとともに、できるだけ太い縄を準備できると良いでしょう。

◎保育者の援助

縄に沿って歩く遊びなどは、動物のまねをしながら歩いたり、身近なものの動きを取り入れたりすることで興味、関心を高めることができます。子どもが今何に興味をもっているのかを把握し、興味のある要素を取り入れながら遊ぶことができると、意欲的な活動が望めます。遊び方が多少違っていても構いませんので、縄遊びが楽しいと思えるような工夫をしてみると良いでしょう。

縄をつかむ子どもの手

2歳、3歳児

2~3歳児は少しずつ縄が跳べるようになってくる段階です。1歳児はその場でもジャンプすることが難しい段階でしたが、2~3歳になるとその場でジャンプすることができるようになり、縄を跳び越す遊びも楽しめるようになってきます。そのため、遊びの幅がこれまでよりぐんと広がります。縄を跳び越す遊びも含めながら、縄遊びを楽しみましょう。

ねらい

①運動に関するねらい

・保育者と一緒に跳ぶ動作を経験する。

・縄を越える、くぐるといった動作を習熟する。

・片足跳びなど、いろいろな跳び方に挑戦する。

②心情に関するねらい

・保育者や友達のまねをしながら、いろいろな遊びを楽しむ。

・順番を守ったり、遊具を貸し借りする経験をすることで、協調性を養う。

◎具体的な遊び例

①縄越え

縄を前後、左右に跳んで楽しむ遊びです。縄は地面に置いたままで遊びますので、引っかかる危険性もなく、安全に楽しむことができます。まずは跳んで何かを飛び越えるという経験をするためにも、縄を前後に跳び越したり、左右に跳び越したりして、いろいろな跳び越し方に挑戦してみましょう。

②ヘビ跳び

短縄もしくは長縄を揺らし、へびのような動きをしている縄を跳ぶ遊びです。①で紹介した縄越えの縄が動いているバージョンと考えてもらえたら良いかと思います。動く縄を認識して跳ぶことで、長縄や短縄を跳び越す動作にもつながっていきます。激しい動きではなく、ゆったりとした動きで縄を揺らし、動く縄を跳びこす楽しさを経験しましょう。

③魔法の縄跳び

縄を手に持っているイメージで、手を回しながら跳ぶ遊びです。短縄跳びのイメージトレーニングと考えてもらっても良いかもしれません。縄跳びは、縄を腕で回しながら、足元に縄が来たら跳びこすという非常に難易度の高い動作です。そのため、まずは腕を動かしながら跳ぶ、という動作を経験することが重要となります。腕の動作と跳ぶ動作が合っていなかったとしても構いませんので、腕を回しながら跳ぶ動作で遊んでみましょう。

④いろはにほへと

縄を2本用意し、2人が縄もち役となります。縄もち役の人は「いろはにほへと、上か下か真ん中か」という掛け声に合わせて縄を縦に揺らし、掛け声が終わると同時にいろいろな高さで縄を止めます。待っている人は縄のほうを見ないように待ち、歌が終わると同時に上、下、真ん中を宣言します。宣言後、縄の様子を確認し、自分が宣言した高さのスペースを縄に当たらないようにくぐったり、乗り越えたりする遊びです。この遊びは跳ぶという動作が基本的に出てこないため、縄跳びが苦手な子でも楽しく遊ぶことができます。縄が怖い場合はゴム紐でも遊ぶことができますので、状況に応じて変えてみると良いかと思います。

◎環境設定

縄を準備する際、色の違う縄を用意できると目印など指示が出しやすくなります。何色の縄、といったかたちで視覚的に認識しやすくなるため、縄を保育園や幼稚園で準備する際にはいろいろな色の縄が準備できると良いかと思います。また、外で遊ぶ場合は砂埃に注意しましょう。遊んでいる本人は気づかないかもしれませんが、縄跳びは砂埃が発生してしまうことがあります。周りの人に砂埃の影響がないか配慮して、場の設定ができるとよいでしょう。

◎安全への配慮

長縄を操作するときは、子どもがひっかかった場合、すぐに縄を離すよう留意しましょう。難しい技術ではありますが、縄を離すことで転倒を回避できる可能性があります。そのため、縄を固く持つのではなく、引っかかった場合には手から離れるよう柔らかく持っておくと良いでしょう。また、複数人で遊ぶときは、間隔を十分にとり、転倒から接触へと2次被害がでないよう注意しましょう。縄跳びはもちろん、縄遊びも十分に遊ぶスペースをとる必要がある遊びですので、場の確保には配慮が必要です。

◎保育者の援助

一番は自らが跳ぶ姿を見せたり、一緒に跳んだりすることを楽しみましょう。特に短縄跳びは見て学ぶことが技能習得の近道となりますので、どのようにして跳ぶのかを繰り返し見せてあげるとよいでしょう。長縄を使うときは、子どもの実態に合わせて振れ幅を調整し、跳び越す楽しさを体験させてあげましょう。動いている縄を跳びこすというのは難しい技術でもあるため、何度も遊びながら技能を習得しましょう。そして、短縄跳びができる年齢に入ってきますが、いわゆる「縄跳び」の技能を求めるのではなく、縄に親しめるような様々な遊びを経験させるよう心掛けることが重要です。縄は跳ぶ以外の楽しみ方もありますので、短縄跳びや長縄跳びに固執しないよう注意が必要です。

長縄で遊ぶ子ども達

4歳児

4歳児はいよいよ短縄や長縄を使った連続跳びができるようになる段階です。縄遊びは短縄や長縄を使った遊びだけではないのですが、連続跳びができるようになると挑戦できる技のバリエーションも増え、縄跳びに対する興味がさらに高まっていきます。また、縄跳びは目標を跳んだ回数で設定できるため、数に対する認識も高めることができます。縄跳びに挑戦しながら、縄遊びの楽しさを広げていきましょう。

ねらい

①運動に関するねらい

・縄の動きに合わせて自分の動き(跳ぶ動作)を調整する。

・長縄を安定して跳ぶ。

・縄を回す動きを経験する。

②心情に関するねらい

・縄を跳ぶタイミングを自分で図ることで、時間の認知的発達を促す。

・数を意識させることで目標を明確にし、目標達成への意欲を高める。

◎具体的な遊び例

①長縄くぐり

回っている長縄をタイミングよく、くぐり抜ける遊びです。4歳となり、短縄で跳ぶことができるようになったとしても、回っている長縄に入っていくことはまだまだ難しいかと思います。そのため、長縄の中で跳ぶのではなく、回っている長縄に当たらないようにくぐり抜けることから始めてみましょう。最初は恐怖心があるかもしれないので、大人や上手にくぐれる友達と一緒にくぐってみましょう。遊んでいるうちに回っている長縄に入るタイミングを身につけることができます。

②長縄跳び

揺れている長縄を、前後、左右に連続して跳ぶ遊びです。①でも書きましたが、回っている長縄を跳ぶのが難しい子はまだまだ多いため、実際に跳ぶ場合は長縄を回すのではなく、揺らしている長縄をみんなで跳んで遊んでみましょう。体の向きを変えることで、前後に跳んだり、左右に跳んだりすることができます。

③縄跳び(短縄)

縄を回し、足元に縄がきたら跳ぶという動作を連続して行ってみましょう。最初は手で縄を回す動作と跳ぶという動作が別々になってしまうかもしれませんが、それでもかまいません。それぞれの動きのスピードを少しずつ上げていくと、徐々に「縄跳び」の姿に近づいてきます。理想は「1回旋、1跳躍(縄を1回回す際に1回だけ跳ぶ)」ですが、「1回旋、2跳躍(縄を1回回す際に、2回跳ぶ)」でも十分ですので、焦らず何度も挑戦しながら動きを覚えていきましょう。

④かけあし跳び

走りながら縄を回し、足元にきたら縄を飛び越えるという動作を繰り返し行う遊びです。連続跳びができない子でも、かけあし跳びはできるという不思議な現象が起こることがあります。要は移動しながら縄跳びを跳ぶという遊びです。足を動かしながら腕で縄を回すという動作が含まれていますので、連続跳びにもつながってくる動きとなります。連続跳びに飽きてきたら、かけあし跳びで動きながら跳んで遊ぶというのも良いですね。

◎環境設定

長縄を保育者一人で回す場合には、木や固定されている支柱などに結び付けて回してみましょう。長縄は回し手が常に2人いないといけないわけではなく、回し手が1人でも対応することできます。ただ、可能であれば子ども達にも回し手を経験させてあげたほうが良いため、跳びたいという意欲が高い場合に支柱等を利用すると良いでしょう。また、順番に縄を跳ぶ場合には、子ども達が縄に近づいてくることがあるため、待つ場所に目印をつけるなど工夫すると良いでしょう。長縄で遊ぶ際は周りへの配慮も必要となってきます。待つ場所を明確にすることで、安全対策にもなるため、目印をつけることで待つ場所をはっきりとしてあげましょう。

◎安全への配慮

短縄を持ち歩く際には、きちんと結んで持ち運びができるよう教えてあげましょう。縄がほどけた状態で移動すると、誰かを引っ掛けてしまったり、どこかに縄が引っかかってちぎれてしまう可能性があります。遊び最後には縄を結んで終わるようにしましょう。また、天井の高さなど、周囲の環境に注意しながら遊ぶよう伝えましょう。縄跳びは前後左右の確認に加え、高さまで配慮する必要があります。そのため、他の遊びよりも遊ぶ場所の空間確保には注意しましょう。

◎保育者の援助

長縄を跳ぶときに一定の場所で跳ぶことができない子には、地面に円を描いてあげたり、目印を示してあげたりしましょう。最初はその目印を踏んで通過するだけでも構いません。できるだけ一定のリズムで縄を回してあげ、縄に入るタイミングを覚えさせてあげましょう。また、短縄を回しながら跳ぶことができない子には、回すことと跳ぶことを一つひとつクリアさせたうえで、少しずつ動作を速めていけるよう援助しましょう。縄跳びは本来高度な遊びです。別々の動作を同時に行うことは簡単にできることではない、という意識をもって、焦らずに一つ一つの動作を援助してあげましょう。

縄遊びをする子ども達

5歳、6歳児

5歳、6歳児はゲームを含めた様々な遊びができるようになる時期です。短縄や長縄での遊び方も上手になり、一般的にイメージされやすい「縄跳び」という動きができるようになってきます。そのため、一定の回数を目標とした縄跳びはもちろん、グループでの遊びや固定遊具などを利用した縄遊びでも楽しむことができます。個人と集団の遊びを組み合わせながら、縄遊びを楽しみましょう。

ねらい

①運動に関するねらい

・リズムに合わせて跳んだり、縄を回したりする。

・短縄を連続してリズミカルに跳ぶ。

②心情に関するねらい

・友達と一緒にゲームの作戦を立てたり、役割分担を相談したりすることで、コミュニケーションを養う。

・練習を重ねると、目標が達成できるという経験をする。

◎具体的な遊び例

①運び屋さん

縄の上に乗ったり、縄と縄を絡ませたりして、片方の人がもう片方の一人を引っ張って移動させる遊びです。縄の上に上手く乗れるかどうかが問題となってきますので、室内で上手く乗れない場合は縄には乗らず、靴下の状態で縄を引っ張ってもらうというほうが良いでしょう。室外で遊ぶ場合は、縄で引っ張っていどうできる地面かどうか確認してから遊びましょう。

②リンボー遊び

上体をそらしながら、一定の高さの縄に触れないようくぐる遊びです。状態をそらす動きは子どもによっては難しいかもしれませんので、その場合は無理をせず、ただくぐるというだけでも構いません。高さをだんだんと低くしていき、こけてしまわないよう、立ったままくぐれる限界に挑戦してみましょう。

③しっぽとり

縄をしっぽに見立て、しっぽを取り合う遊びです。これは多くの方がご存じかと思いますので、説明はいらないかと思いますが、鬼遊びと縄遊びを組み合わせた遊びとなります。もちろん、しっぽは縄でなくとも帽子でも、布でも、新聞でも構いませんが、縄遊びの延長として遊ぶことができます。しっぽとりは運動量も豊富なため、メインの遊びとして設定することも可能です。非常に盛り上がる遊びですので、定期的に組み込んでも良いでしょう。

ヘリコプター

片足に縄を結び、足で縄を回しながらもう片方の足で跳ぶ遊びです。リズム感と足を動かすタイミングが要求される遊びですので、難易度は高いかもしれません。連続で跳ぶことができなかったとしても、単発で跳んで遊ぶことができれば十分かと思います。体の動かし方を学ぶことのできる遊びですので、ウォーミングアップとして位置付けても良いでしょう。

縄跳び(短縄)

連続跳びやかけあし跳び、うしろ跳びなどに挑戦してみましょう。5歳、6歳段階は連続跳びの技能に差が出てくる時期です。そのため、縄跳びが苦手な子は縄遊びが嫌いになってしまう可能性も高くなります。それを避けるためにも、それぞれの能力にあった目標設定をしてあげましょう。全体で目標回数に挑戦することも悪くありませんが、それぞれで目標の回数を決めさせ、その目標に向かって挑戦させてあげましょう。苦手な子は腕と足の動作が連動できていなかったり、脇があいて上手く縄を回せていないことがありますので、少しずつ動きを組み合わせて流れを作ってあげること、脇をしめて縄を回すことを意識してみると良いかと思います。

長縄跳び

回っている縄を連続して跳んでみましょう。8の字跳びのように、跳んだら縄の外に出ていくというのはかなり難易度が高くなりますので、まずは最初から縄の中に入った状態で跳んでみましょう。上手に跳べるようになったら、縄の外から中に入ってきて、その場にとどまって跳ぶという段階に入りましょう(最初に入る子は跳び続けることになるため、入る順番は配慮が必要です)。その後、可能であれば8の字跳びのように、縄の外から縄の外へと跳んでみましょう。みんなで目標の回数を設定し、目標を達成することでチームとしての一体感を感じることができます。達成可能な目標を適切に設定してあげましょう。

◎環境設定

風の強い日は縄が風にあおられ、うまく回せないことがあるため、状況を見ながら室内で行ったり、他の遊びに替えたりしましょう。砂埃もいつも以上に発生してしまうため、天候を見ながら活動場所を選択する必要があります。また、固定遊具や他の遊具と組み合わせながら遊びの幅を広げてみましょう。固定遊具に縄を結んで蜘蛛の巣のようにしてみたり、ボールを縄で引っ張って転がしてみたりと、他の道具や遊びと組み合わせることで、縄跳び以外の遊びも楽しむことができます。

◎安全への配慮

短縄で遊ぶときは、周りの人との間隔を十分にとって遊ぶよう注意しましょう。連続跳びに挑戦する時間が増えてくることが予想されますので、複数人で遊ぶ時には頭上を含めた空間確保を確実に行えるようにしましょう。また、縄を持ち歩く際は、振り回すなど不適切な使い方をしないよう伝えておきましょう。縄の扱いにもだいぶ慣れてくる時期ですので、縄の扱い方が雑になる可能性があります。定期的に縄の取り扱いについては確認をし、移動中などは特に注意をするよう伝えましょう。

◎保育者の援助

短縄の前跳びはリズミカルに連続して跳べるようになるには時間がかかるため、途中で諦めてしまわないよう、個人の成長を褒めたり、跳べる回数が増えたことを認めてあげたりしましょう。正直、10回連続で跳べるようになっていたら技能としては十分かと思います。もともと、縄跳びの動作は難しいもという認識を常にもって子どもに接してあげましょう。また、過去の記事でも書いているのですが、短縄の指導だけになってしまわないよう、いろいろな縄遊びを組み合わせて遊びましょう。縄遊び=縄跳びとなってしまうと、縄遊びの幅を狭めてしまうことになりかねません。そのため、グループ遊びや他の道具との組み合わせなどを考え、「縄遊び」として認識しておくようにすると良いかと思います。

運動会で長縄を跳ぶ子ども達

今回は年齢別に縄遊びについて紹介してみました。縄遊びはどうしても「縄跳び」の技能習得に向かってしまいがちですが、縄跳びに意識を限定することなく、いろいろな遊びで縄の楽しさを感じましょう。他の道具と組み合わせると、さらに縄遊びの幅が広がりますので、縄遊び=縄跳びとならないよう、縄の特性を活かした遊びで楽しんでほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました