1歳児の固定遊具遊び~いろいろな遊具に触れてみよう!!~

固定遊具遊び

今回は1歳児の固定遊具遊びについて紹介したいと思います。どちらかというと保育現場での活用を意識した記事となりますので、現場の保育者の方や実習を控えている学生さん等、指導案などに活用してもらえたらと思います。もちろん、ご家庭でも活用できるかと思いますので、よかったらご活用ください。

1歳児は歩き始めている子、ハイハイで移動する子など、まだまだ移動手段が定まっていない時期かと思いますが、大人と一緒に固定遊具でも楽しむことができます。固定遊具遊びの一番のメリットは、普段の生活では体験しがたい動きを経験できるという点です。揺れたり、滑ったりと、固定遊具でしか感じることができない動きを楽しみましょう。他の年齢の記事もありますので、よかったらご覧ください。

記事の流れとしては、遊びのねらい、具体的な遊び例、環境設定、安全への配慮、保育者の援助、という項目で紹介していきます。

ねらい

①運動に関するねらい

・大人と一緒に揺れる、すべる、登るなどの遊具固有の感覚を身につける。

・固定遊具の使い方を知り、いろいろな動作で遊んでみる。

②心情に関するねらい

・大人と一緒に遊ぶことで、安心感を高めることができる。

・順番を待つことで、他の子どもとの関わりをもつことができる。

◎具体的な遊び例

ブランコ

大人と一緒に前を向いたり、後ろを向いたりしながら揺れてみましょう。抱っこをしてもらいながら揺れるという経験はあるかもしませんが、ブランコのように大きく揺れる感覚は初めてかと思います。最初はびっくりしてしまう子もいますが、慣れてくると揺れる心地よさを感じて繰り返し遊ぶ子も増えてきます。基本的には大人と一緒に座って遊び、座椅子が深くベビーチェアのような形になっているブランコであれば、単独で乗って揺れる感覚を楽しみましょう。

ブランコで遊ぶ親子

②すべり台

大人と一緒にすべったり、短い距離をすべったりして遊んでみましょう。すべる感覚は日常生活ではほとんど経験できない感覚かと思います。経験できたとしても短い距離となってしまうかと思いますので、すべり台ですべる感覚は非常に重要な経験となります。大人と一緒にすべりながらも、1歳後半にもなると一人ですべることもできます。大人と一緒にすべることを考えると、すべり台の横幅がある程度広いすべり台を見つけられると良いでしょう。すべり台を逆走する子もいますが、それを含めてすべり台の楽しさを感じてみましょう。

すべり台

◎環境設定

固定遊具遊びは遊具を中心として遊びが展開されるため、遊具を活かした環境設定が必要となります。ただ、1歳児の場合は固定遊具そのものの楽しさに触れることが優先されることから、特に目立った環境設定は必要ないかと思います。

◎安全への配慮

遊具自体はもちろん、遊具の周辺に危険な箇所がないか確認をしておく必要があります。固定遊具は見えない部分が劣化していることもあるため、定期的な点検が必要です。また、高さのある遊具で、周辺の地面が固いときはマットを敷くなどの対策をとると良いでしょう。屋外用のマットがない場合は、ブルーシートを重ねたものも代用品になります。1歳児は基本的には大人と子どもが1対1対応で遊ぶことが望ましいため、常に安全に配慮しながら遊びを見守りましょう。

◎保育者の援助

すべり台等のスピードは大人が調節してあげましょう。1歳後半になってくると一人でもすべれるようになってきますが、その場合もすぐに補助ができる位置にいることが望ましいです。また、大人1人に子どもが複数いる場合は、子どもとの間隔が広がらないように注意しましょう。お互いの距離を短く保つことで、不測の事態に対応しやすくなります。

すべり台を滑る子ども

今回は1歳児の固定遊具遊びについて紹介してみました。正直なところ、それほど多くの遊具で遊べるわけではないため、基本的な内容となっていますが、近くの公園や通っている幼稚園、保育所などに固定遊具がある場合は、積極的に活用してほしいと思います。固定遊具でしか得られない感覚を経験して、体の動かし方や自分と遊具の位置関係などを学んでいきましょう。

参考文献:「保育と幼児期の運動遊び」岩崎洋子 編著  吉田伊津美・朴 淳香・鈴木康弘 著 B5判 218頁(2018/02/15)、ISBN978-4-89347-274-8

コメント

タイトルとURLをコピーしました